• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

地球の観察と地震への備え

開催日

2019年8月7日(水曜日)

対象職種

小学校・中学校・高等学校教諭

講習料

6,000円

講習コード

C01

時間数

6時間

受講定員

30人

講師

工藤  健 (くどうたけし)

地球科学に関する最新の研究から、人間生活に直接影響する大地の変動に関わる部分をとり上げる。精密地震観測、活断層調査、GPSによる地殻変動観測、計算機による地殻活動シミュレーションなど、ここ10年で飛躍的に発展した我が国の地震予知研究の動向を紹介する。

講習の概要

地球科学に関する最新の研究から、人間生活に直接影響する大地の変動に関わる部分をとり上げる。(1)地震予知科学の現状と将来、(2)東北地方太平洋沖地震で起きた事・まだ起きていない事、(3)巨大地震から命を守るための人の備え・建物の備え、の3つの視点から科学技術の進歩と人間の生活を見つめ直す。受講対象者は特に制限を設けない。理科教員の教科指導にとどまらず、日常の学校生活における安全・安心に寄与する情報を共有するための講習とする。

 

試験の方法

筆記試験

ページの先頭へ