• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

目から知る脳と心

  開催日

2019年8月7日(水曜日)

対象職種

小・中・高等学校教諭

講習料

6,000円

講習コード

C02

時間数

6時間

受講定員

60人

講師

平田   豊  (ひらたゆたか)

我々の身体からは様々な信号が出力されており、これらを測定し上手に処理すると、健康維持や生活向上に役立つ有益な情報が得られます。具体的な例と演習を通して生体情報科学の世界を覗いてみましょう。

 

イ・ジェリョン

 

最近のロボットは人間社会に最も近づいてきて、人とロボットがインタラクションを行っています。ソーシャルロボットという、人々の様々な場面で色んなことをサポートするロボットシステムについて考えてみましょう。
 

講習の概要

  

目には心・感情・意識などの脳の状態が現れることが経験的には知られていましたが、最近の研究により、目の動き、すなわち眼球運動に脳状態に関する膨大な情報が多様な特徴として反映されることが示されています。本講習では、人の眼球運動からわかる様々な脳状態について最新の知見を講義します。また、眼球運動に代表される身体運動の特徴である運動学習の脳内神経機構について講義し、ボール投げ実験を通して、運動の学習と記憶に関する諸特性を体験していただきます。さらに、ロボットセラピーを含む自閉症療育、健常人や自閉症児の眼球運動や脳に関する最新の研究について紹介し、理解を深めていただきます。

 

試験の方法

筆記試験

ページの先頭へ