• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

新学習指導要領を視野に入れて小学校理科の指導力の向上をめざす

開催日

2019年8月26日(月曜日)

対象職種

小学校教諭

講習料

6,000円

講習コード

C18

時間数

6時間

受講定員

36人

講習の概要

小学校では、平成32年度より、新しい学習指導要領による授業が展開されます。「主体的、対話的で深い学び」「育成すべき資質・能力」「習得・活用・探究」「カリキュラム・マネジメント」等、これまでの教育実践の成果をふまえて更に重点的に取り組むべき方針が示されました。本講習では、こうした内容をふまえて、小学校教員の理科の指導力向上を願って、授業展開の方法、指導技術等について観察・実験を交えながら講義します。

試験の方法

筆記試験

 

 

担当講師

橋本 美彦(はしもとよしひこ)

講習に対するコメント

実社会や実生活との関連を重視し、子どもたちの疑問を解決しながら単元構成をおこなう具体的な事例を紹介します。子どもたちが実感を伴って身近に感じられるような理科授業を実験を通して具体的に解説します。

小笠原豊(おがさわらゆたか)

講習に対するコメント

子どもたちが、わくわくどくどきしながら取り組む理科授業の進め方について、とりわけ、子どもたちにより強い問題意識と達成要求を抱かせるための手だてを中心に、具体的な実践事例を用いて解説します。

伊藤 敏彦(いとうとしひこ)

講習に対するコメント

地学分野の指導を苦手に思っている教員がとても多いと聞きます。本講習では、実験や実習を取り入れながら地学の楽しさに触れていただきたいと思います。

ページの先頭へ