• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

都市における水災害の現状と課題

開催日

2019年8月22日(木曜日)

対象職種

小・中・高等学校教諭

講習料

6,000円

講習コード

C05

時間数

6時間

受講定員

30人

講師

  武田  誠 (たけだまこと)

   

人々の生活を支えている土木分野の話題、水災害に関する最新の研究に触れてみましょう。この講習を通じて、自らの意識を高め、身の回りの水災害に関心を持っていただけると嬉しく思います。

講習の概要

近年、台風やゲリラ豪雨に伴う水害が多発しています。授業では、水防災の立場からみた「まちづくり」の現状と課題、都市の水災害に関する研究事例を紹介します。また、地域防災力向上のためには、災害やその対策に関する住民の理解が欠かせません。現在、防災教育(防災意識の涵養)の在り方が多くの場で議論されています。ここでは、小学校・中学校・高校における防災教育をみつめ、知識を深めたいと思います。

 

試験の方法

筆記試験

ページの先頭へ