• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

【選択必修】近年の教育施策と学習指導要領から見る教育のゆくえ

開催日

2019年8月5日(月曜日)

対象職種

小・中・高教諭

養護教諭、栄養教諭

講習料

6,000円

講習コード

B04

時間数

6時間

 

受講定員

40人

講師

 澤田 裕之 (さわだひろゆき)

  

日々の教育活動を通じて、何かもどかしさや葛藤を感じることがあります。それは教員としての「理想の教育像」と教育政策としての「現実」との間に齟齬がある証拠かも知れません。その「現実」はきちんと子どもに向けられたものでしょうか?「子どもから学ぶ教育」を出発点として、今日の教育政策を検討していきたいと思います。
 

講習の概要

現在、世界規模で時代の大きな転換期を迎えようとしています。これまでの社会通念や固定観念が通用しない状況に差し掛かっている今日において、次世代を担う子どもたちへの教育はとりわけ重要であり、そのことは近年の教育施策や新学習指導要領からも看取できます。本講習では、最新の教育施策、そして新学習指導要領に着目して、講義とグループワークを交えながら、参加者と共にこれからの教育に必要な視点や観点を検討していきたいと思います。

 

試験の方法

筆記試験

ページの先頭へ