• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

健常児・発達障がい児の体育・健康教育の理論と実践

開催日

2019年8月27日(火曜日)

対象職種

小学校教諭

講習料

6,000円

講習コード

C15

時間数

6時間

受講定員

25人

講師

花井 忠征 (はないただゆき)

   

本講習は、子どもの生活習慣、体力・運動能力に関わる現状と課題について理論的にアプローチし、この問題を子どもとともに改善していく健康教育や体つくり運動のあり方を探究していく。

 

山本 彩未 (やまもとさいみ)

子どもが主体的に活動する「身体つくり運動」について実技実習を通して探求する。リズムにのって自由に踊り、表現する楽しさ、コミュニケーション、表現能力を養う事を目指す。

 


 

講習の概要

 現代の子どもは、不規則な生活習慣や体力・運動能力の低下など多くの問題が指摘され、改善すべき課題となっている。また、発達障害児の運動特性の理解がなされないまま、体育の授業が展開されている現状がある。
 本講習では、これらの実態と課題について理論的にアプローチする。また、発達障害児の運動の個性を客観的に見つめることで、教師自身やクラスの仲間の「心のバリアフリー」の理解について考えていく。さらに、子どもが主体的に活動する「体つくり運動」を実技実習を通して探究していく。


 

 

 

試験の方法

筆記試験

ページの先頭へ