• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

第10回西日本学生救急救命技術選手権で総合3位

【2017年12月2日】

12月2日(土曜日)に京都橘大学で開催された「第10回西日本学生救急救命技術選手権」で、スポーツ保健医療学科のチームが総合3位の成績を収めました。

学生救急救命技術選手権は、その技術・知識を競うことにより、救急救命技術の向上に資することを目的に開催され、さまざまな救急現場を想定して競技が行われます。

本学のチームは、競技別ではアナフィラキシーショックの救急対応で1位、災害、トリアージの対応で3位、脳卒中、PSLSの対応で2位となりました。総合3位は、昨年度7位(8チーム中)からの大躍進で、日ごろの訓練が実を結びました。

競技の様子

競技の様子

ページの先頭へ