• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

施設・設備

学びの意欲と期待に応える充実の施設・設備

コンピュータ支援教育設備 DIGITAL LABORATORY(通称デジタルラボ)

最先端のハード&ソフトを独自の技術と知恵で結んだエンジニア養成工房

最新鋭のコンピュータ施設です。3つのOS(Windows, を搭載した8コアMacProを95台導入、グリッドコンピューティングを可能にしています。講義の動画を原寸大で再生する講義アーカイブ・再生システムなど、ユニークなアイデアと技術を満載しています。

CAD教育施設

CAD/CAM/CAEに関する知識と技術を磨く教育施設

最先端のCAD関連技術を学習する施設です。130台のワークステーションを導入し、トヨタやホンダ等で導入されているハイエンド3次元CAD解析などの技術を学習することができます。

世界大会出場も!Robot Soccer World Cupに参加

工学部は1998年から、自律型ロボットを用いた世界規模のRobot Soccer World Cup(サッカーロボットコンテスト、ロボカップ)に参加してきました。2007年度より5年連続で国内大会の上位に入賞し、世界大会にも出場した中部大学ですが、実はまだ、目標である国内大会優勝と国際大会上位入賞は達成できていません。ロボット理工学科のみなさんも、入学したら一緒に頂点をめざしてみませんか?また、この実績から2007年度より、ロボットアスリートの祭典であるWRO(World Robot Olympiad)※の国内予選会場校にも選ばれています。

※WRO(World Robot Olympiad)…世界中の若者・子どもたちの参加を募り、教育的なロボット競技への挑戦を通じて、創造性と問題解決能力を育成することを目的とした競技会。

ページの先頭へ