中部大学の研究活動

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

製造現場でのロボットの自律的な作業を実現するAI技術を開発 ―複雑形状の部品の供給・組み立て工程へのロボット導入促進に期待― (藤吉弘亘教授ら)

【2019年8月29日】

プレスリリース

NEDOと産業技術総合研究所、大阪大学、中部大学は、製造現場におけるロボットの自律的な部品供給・組立作業を実現する人工知能(AI)技術を開発しました。

本技術は、物の形状データや人による作業実演データをもとに、ロボットによる部品供給と組み立て作業の事前行動計画、視覚情報に基づく作業中の高速な行動計画を策定できます。これにより、従来は困難であった多品種少量生産で複雑な形状の部品を必要とする組み立て工程へのロボットの導入が進み、製造業の生産性向上が期待できます。

また本日(2019年8月29日)より、本技術で作成した行動計画策定ソフトウエアを、特設ウェブサイト(NEDO次世代人工知能・ロボット中核技術開発プロジェクト新しくウィンドウが立ち上がります)上で公開を開始しました。

今後は、本技術の性能向上や連動性を高めるための研究開発を続けるとともに、実用化に向けた企業との共同研究も推進していきます。

本学の問い合わせ先

藤吉弘亘 (工学部ロボット理工学科教授)
電子メール:fujiyoshi[at]isc.chubu.ac.jp ※アドレスの[at]は@に変更してください。
電話:0568-51-9374(ロボット理工学科共通室直通)

中部大学の研究活動ニュース一覧

Adobe Readerのダウンロードサイトへ
PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧頂けます。詳しくは、アドビシステムズ株式会社のサイト新しくウィンドウが立ち上がりますをご覧ください。

ページの先頭へ