中部大学の研究活動

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

本学が名古屋市立大学、第一三共、三菱UFJキャピタルと共同で「新規がん温熱療法におけるオープンイノベーション研究」を開始

【2018年3月27日】

プレスリリース

発表内容

中部大学は、名古屋市立大学、第一三共株式会社、三菱UFJキャピタル株式会社と共同で、新規がん温熱療法(*1)に関するオープンイノベーション研究を開始します。

本研究は、第一三共株式会社が実施している創薬共同研究公募プログラムTaNeDSにおいて共同研究を実施してきた成果を基に、腫瘍送達能の高い磁性ナノ粒子の探索と最適化及び目的粒子を効率よく加温できる交番磁場発生装置の研究を通して、がん治療における新規がん温熱療法の実用化の検討を進めます。

本学からは、堤内要教授(応用生物化学科)別サイトにリンクします山口作太郎教授(超伝導・持続可能エネルギー研究センター長)別サイトにリンクします中川大講師(応用生物化学科)別サイトにリンクします、小林猛客員教授(生物機能開発研究所)が参加します。

用語解説

*1 新規がん温熱療法

がん温熱療法は、がん細胞が正常細胞に比べ熱に弱いという特性を活用し、細胞の加温を通じて、がん細胞を選択的に殺傷する治療法で、放射線治療、化学療法、がん免疫療法との併用可能性も期待されています。今回研究を開始する新規がん温熱療法は、がん細胞特異的に、かつ一定の温度で加温することで、安全性と有効性の向上を目指す治療法です。

本学の問い合わせ先

研究推進事務部 研究支援課
電話:0568-51-4852(直通)

中部大学の研究活動ニュース一覧

Adobe Readerのダウンロードサイトへ
PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧頂けます。詳しくは、アドビシステムズ株式会社のサイト新しくウィンドウが立ち上がりますをご覧ください。

ページの先頭へ