• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

アリーナ2020 第23号

ARENA2010

B5判 795頁
定価: 本体2000円+税
発行: 中部大学
発売:風媒社(2020年11月19日)
ISBN:4-8331-4150-7

〈表紙の作家〉ダイワ・キビリディーテ
[口絵]私の舞台 20世紀のリトアニアと日本の歴史への祈り◎ビルーテ・マール
                ヴィリニュス追憶 迷宮都市の天使によせて ◎小島亮
[特集]歴史の検証・復初の精神
[巻頭言]アリーナ終刊にあたって◎小島亮

記憶の歴史学

宇宙観・自然観・人生観と大学の未来・・・科学者・飯吉厚夫の歩み 第4回

(聞き手)岩間優希

沖縄の民衆と差別 西里喜行氏に聞く(2)

今西 一・大濵郁子・石川亮太 編

二人が歩んだ道 沖縄戦体験者二人の聞き取り調査記録

水野 陽

数学史家・自然哲学者としてスピノザ的生を生きぬく 佐々木力 学問への道程3

佐々木力

特集 歴史の検証・復初の精神 

人文知の再起動 地域学・国際学・地球環境学の未来可能性

立元成文

南蛮屏風と芥川龍之介 原三溪、京都帝国大学文学部陳列館、新村出『南蠻記』をめぐって 

荒屋鋪透

『アリランの歌』を再読するために  「圏域」的視点から

黄 東淵

「五〇年分裂」小論 戦後日本共産党史のために

河西英通

白鳥事件と中国 川口孝夫の「遺書」

今西 一

学術剽窃と司法裁 原朗『創作か盗作か』をめぐって

堀 和生

日本国憲法と女性の政治参加 候補者均等法についての自由論からの一考察

梅川佳子

近代世界システムとカリブ海賊

桃井治郎

ロシア社会とヴィソツキー現象 没後四〇年・詩人はなぜ愛され続けるか

高山 智

『美しき水車小屋の娘』とは誰か? サイコロジカル・ホラーとして聴く

伊東信宏

東ドイツにおけるシューベルト没後一二五年祭(一九五三)

山口真季子

リサイクルされるヴァージニア・ウルフ 山口はるみと一九九〇年代PARCOのコピー

伊藤裕子

フリードリヒ二世の建築 十字軍とフリードリヒ二世の城塞建築(二)

稲川直樹

教皇フランシスコ試論 第二ヴァティカン公会議の生成論的受容

村上信一郎

〈小特集〉ポストコロニアルを超えて

特集に寄せて

李 康民

鼎談〈つながり〉を想起し紡ぐこと 二〇一九年、夏のソウル

平野克弥・権桃楹・小田龍哉

神がかり・通俗道徳・資本主義の精神

磯前順一

近代の蹉跌ともう一つの啓蒙という物語

平野克弥

日本近世の「怪異」と資本主義精神

木場貴俊

慈雲と雲照の十善戒 規範と主体とをめぐる考察

小田龍哉

Portfolio

[1]研究序説・研究余滴

漫画の国際性

坂元ひろ子

映画『衹園祭』の”史料”を求めて

京樂真帆子

くりかえされる投票問題の「発見」

西本和見

原発の門あるいは母への、ゲルニカ

嶋守さやか

バリ島の長老集団の役割と構成について

嘉原優子

大阪にもあった外国人居留地

玉置栄二

記憶と記録 プラトン『パイドロス』における「書かれた言葉」への批判から

三浦太一

笑顔の進化と発達を探る

川上文人

イエズス会宣教師の作成した漢字字書『落葉集』について

千葉軒士

[2]人生回顧・人生往還

映画製作とコロナ自粛の日々

内藤 誠

私の外遊経験

中島 泉

「夜の街」のメモワール

竹下正哲

日本の速記と私の来た道

小島かずえ

中部大学に育てられて

峯 陽一

ジョージ・O・トッテン教授の思い出

吉田昌夫

中部大学で過ごした日々─日記で甦る俤三体─

鷲見洋一

最終講義

スピノザと安藤昌益の自然哲学 彼らの生きざまに惹かれながら最終講義に代えて

佐々木力

インターフェイス

能・狂言色彩考

林 和利

嗜虐と被虐の交錯世界 ダリオ・アルジェント作品に関する覚書

小松史生子

第一次世界大戦の発生原因について

三島哲哉

宣長と牡丹 漢心」批判への一視点

岡本 聡

オランダの教育制度原理への羨望とその淵源

澤田裕之

名古屋を読む

吉岡弘昭 永遠の「ふるえる少年」

中山真一

〈小特集〉PALACSINTA特別篇

波間に揺れる 戦火のヴェトナムを米軍と航海したLST船員たちについてのメモ

伊藤めぐみ

ジャパニーズ・ウイスキー 和酒となった洋酒

メリー・ホワイト/有泉芙美代 訳

北中米おける近年の人の移動傾向に見られる変化について

筒井博司

プラナカンビーズ刺繍体験記 ニョニャの伝統と思いを紡いで

栃井裕美

令和時代の合格祈願 学問の神様と学校の神様

平井芽阿里

名古屋日本語学校物語 新米教師の思うことを心のままに

髙島美由紀

ラオスのPANA通信社とTcheng-Tse Choen

岩間優希

急性白血病に挑む 化学療法から造血幹細胞移植まで

勝又 雄

午前八時、モスクワ広場でコーヒーを

小島 亮

自著を語る

『「神国」の残影―海外神社跡地写真記録』

中島三千男

『国語重複語の語構成論的研究』『論集 古代語の研究』

蜂矢真郷

『ゲートウェイの地理学』

林 上

書評論文

『石母田正と戦後マルクス主義史学』をひもとく

小倉慈司

世俗主義批判としての翻訳不能論 タラル・アサド『世俗の翻訳』を読む

プラダン・ゴウランガ・チャラン・磯前順一

グローバルヒストリーと史的唯物論のあらたな射程

平野克弥

『希望の歴史学―藤間生大著作論集』

平野克弥

ページの先頭へ