• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

アリーナ2016 第19号

ARENA2010

B5判 674頁
定価: 本体2000円+税
発行: 中部大学
発売:風媒社(2016年11月19日)
ISBN:4-8331-4129-1

〈表紙の作家〉ナタリア・ラク
[口絵]たとえばナタリア・ラクの場合◎小島亮
[特集]文化研究の汽水域
[巻頭言]「カルス多」への「オッカムの剃刀」
─「文化研究の汽水域」の特集にあたって─◎小島亮

特集 文化研究の汽水域

オーラルヒストリー

満州での少年時代から物理学者への道へ
―科学者・飯吉厚夫の歩み―第1回

聞き手・岩間優希

堀江謙吉と音楽喫茶MUSICA
―あるモダニストの残影 堀江敏樹

聞き手・伊東信宏/樋口騰迪/黒田清子/小島亮

論考

国民と地球化をめぐる問い
ポピュラリティ(共同性)、ポピュレイション(人口)、ポピュリズム
(大衆迎合主義)─西川長夫の思い出のために

酒井直樹

市民という形象《national》,《racial》,《popular》のあいだで

守中高明

「釈迦は如何なる種族なのか」
─「井上哲次郎と明治期東洋哲学の形成─

鍾 以江

「部落民」と「蕃人」のあいだ
─台湾領有と日本帝国における人種ヒエラルキー─

呉 佩珍

回帰する〈新世界〉
─植民地朝鮮の三・一運動と公共性の脈動─

沈 煕燦

コミュニケーションの政治
─ネット右翼とグローバル資本主義の関係に関する試論─

川村覚文

多様性の公共的表現としての多元的デモクラシー
─ポピュラー・ポリティクスについて日本がインドから学べること

田辺明生

「私の隣人」とは誰か
─〈ラルシュ〉で生きられる『友愛のポリティクス』─

寺戸淳子

映像と音声に記録された〝炭鉱合理化政策下の失業問題〟

藤野 豊

海港都市神戸における文化運動の貫戦史的展開
─〈文化資源〉としての社会運動関係資料を手がかりとして─

黒川伊織

SHe という生き方
─障害者プロレス「ドッグレッグス」妖怪レスラー・遠呂智の談─

嶋守さやか

ベトナムの社会福祉と女性研究者
─グェン・チ・オアン氏へのヒアリング調査─

向井啓二

外交としての図書出版
─日本における「中国図書対外普及計画」─

諸葛蔚東

津田左右吉の国民史構想
多民族帝国における単一民族国家論の役割

磯前順一

メイド・イン・オキュパイド・ジャパン ─残された陶磁器─

吉原ゆう子

ウズベキスタンにおける民族格闘技クラッシュ ─歴史と現在─

和崎聖日

Portfolio

[1]人間を見つめる


熊本地震と保育

藤原辰志

地域から環境を学ぶ

味岡ゆい

組織の省察的実践の理論と実践

三品陽平

結核という病気で思うこと

藤丸郁代

保健指導の実践者から、保健指導を教える立場へ

岡村雪子

学士過程における保健師教育への選択制の導入

白石知子

身体の声に学ぶ

小林きよ子

看護においての倫理とは

夏目美貴子

日本と欧米の社会文化的背景にみる出産をめぐる課題

横手直美

[2]人文知への招待


ハーバードの中国研究
─デジタルヒューマニティーズアプローチを中心に

大澤 肇

ブータンのあそび歌

黒田清子

越境するチンパンジー

大橋 岳

赤ちゃんに「可愛い」は禁句?─韓国と沖縄の妊娠習俗あれこれ

平井芽阿里

グラウンドコントロールステーション
─無人機による災害発生時のリアルタイムな情報支援のために

松浦孝英

日本文化史における地方の役割と力
―魯山人と地方のパトロンたち―

金澤一輝

[3]西丸震哉を考える


表現者・西丸震哉を原始感覚で読み解く

南 基泰

西丸震哉氏が感じた日本の「食」の危機を考える

小川宣子

西丸震哉『山の博物誌』─怪しい博物誌の魅力と弊害─

村上哲生

レクチャー

観察映画の方法論

想田和弘

論文

星と曜日 七惑星と七曜制

堀内 勝

インターフェイス

日中高等学問最新事情

佐々木力

歴史の激変のなか、ささやかな異端として
 ─マルクス主義理論のパラダイム転換へ─

大藪龍介

バレエ、国家とともに踊る─〝文化冷戦〟の諸相をめぐって(3)

陶山幾朗

遺伝子組み換え作物の誤解とその危険性

竹下正哲/キソル・チャンドラ・カナル

デヴィッド・ボームの宇宙、宣長・守部・篤胤の宇宙

岡本 聡

特別論考

カール・コンシュとその軌跡

ミヒャエル・ブックミラー 青山孝德 訳

自著を語る

『名古屋圏の都市地理学』

林  上

『探偵小説のペルソナ 奇想と異常心理の言語態』

小松史生子

「日本洋画」のゆくえ 『愛知洋画壇物語PARTII』を刊行して

中山真一

新刊旧刊

『反原子力の自然哲学』

野家啓一

『音楽テイストの大転換』

樋口騰迪

『死者の花嫁』

高柳健太郎

『敗戦日記』

西原麻里

『神戸・ユダヤ人難民1940-1941』

有泉芙美代

『1945 予定された敗戦』

影浦順子

『アフリカの老人』

長島信弘

ページの先頭へ