• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

アリーナ2013 第16号

ARENA2010

B5判 672頁
定価: 本体2000円+税
発行: 中部大学
発売:風媒社(2013年12月15日)
ISBN:4-8331-4110-9
 

〈表紙の作家〉小嶋十三子
[口絵]70年 英国の顔写真◎大野弘人
[特集]同時代への思索
[巻頭言]同時代を思索するために-近代と現代-
                 ◎小島亮

特集 同時代への思惑

ディスカッション

エピローグとなった「序説」への研究序説
-『スターリン問題研究序説』と70年代後期の思潮-

加藤哲郎/岩間優希/影浦順子/小島亮

[討論1]『スターリン問題研究序説』をめぐる経緯 

佐々木洋

[討論2]私にとっての『序説』とその時代

藤井一行

[討論3]『序説』刊行前後の執筆者グループの状況と経緯、
そして刊行後の反響について

中野徹三

レクチャー

日本にリブの生まれた時代-1970年代を語る-

上野千鶴子/岩間優希/影浦順子/羽後静子

なぜ私は政治家になったのか

石田芳弘

論考

論説主幹・笠信太郎
-「戦後」をリードした平和社説の旗手

高山 智

戦後民主主義確定期における大衆的学生運動

高橋彦博

「苦しみに語らせること」-社会哲学の可能性について

表弘一郎

初期ルカーチ三部作再考-生と形式をめぐって 

西角純志

佐藤昌介の北海道植民論と札幌農学校

番匠健一

再認される記憶-ホノウリウリ抑留所とジャック田坂

秋山かおり

越境する剣道 カリフォルニア州剣道史1929年~1935年

野原壽乃

ダヴィド・アルバハリ作品ガイド

栃井裕美

デザインを開く-杉浦康平と武満徹の図形楽譜

クララ・フルヴァティン、齋藤 桂

[中東欧音楽1]クルターグ+リゲティ/バルトーク:三人の作曲家の生地を巡る

伊東信宏

[中東欧音楽2]オペラ/神秘劇-シマノフスキの舞台芸術論とオペラ《ルッジェロ王》

重川真紀

Portfolio

[1]ある時代の証言

記憶の糸を束ね直して-1970年代の学生歴史系サークル活動=京都学生歴史科学研究会私史 

向井啓二

トロツキー翻訳の受難-翻訳者の品格・出版社の品格

中島章利

「現代思潮社」という閃光-記憶を辿る旅(3)

陶山幾朗

ウルグアイの人口動態-2011年国勢調査を踏まえて

筒井博司

[2]歴史と思索

「マス・オブザヴェイション:This is Your Photo」展を訪れて

本内直樹

「はじめ」についての独り言

鷲見洋一

毛沢東の復権?-毛沢東とその時代を現在の中国社会はどう捉えているか

大澤 肇

カリブ海のトバゴ島誌

長島信弘

カワイイ/kawaii:未成熟と成熟の間で

高馬京子

映画『ファルージャ イラク戦争 日本人人質事件・・・そして』の公開を前に

伊藤めぐみ

アルジェリア「テロ事件」を考える

桃井治郎

[3]科学と知

経済的困難世帯の子どもを対象とした学習支援の取り組み

吉住隆弘

ビルマの日本兵

大門正幸

病室空調と空気清浄度の確保

田中英紀

残雪-韓国・ソウル-

ハナ ヌスビト

論文

アラブ遊牧民のカレンダー、星の歳時記

堀内 勝

インターフェイス

〈物語〉で病を癒す-ネパール・タルー族グラウによる物語治療を事例として

竹下正哲/キソル・チャンドラ・カナル

パリ・コミューン女性闘士ナタリ・ルメルの矜持

見崎恵子

資料

第七高等学校造士館の村上春太郎先生 
続篇 先生の著書と論文

福井崇時

名古屋を読む

カチューシャの娘たち

小林貞弘

自著を語る

自分の言動の責任を取るとは『武谷三男の生物学思想』

伊藤康彦

新刊旧刊

『『難死』の思想』(小田実)

岩間優希

『同時代のこと-ヴェトナム戦争を忘れるな』(吉野源三郎)

岩間優希

『大正文化 帝国のユートピア』(竹村民郎)

影浦順子

 

 

ページの先頭へ