• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

アリーナ2013 第15号

ARENA2010

B5判 520頁
定価: 本体2000円+税
発行: 中部大学
発売:風媒社(2013年5月30日)
ISBN:4-8331-4107-9
 

〈表紙の作家〉小嶋十三子
[口絵]サラエボ、1983年の冬―光と影―◎大野弘人
[特集]デジタルアースの最前線
[巻頭言]デジタルアースの現在―拡大する業方空間を現実世界に生かす―
                 ◎福井弘道

特集  デジタルアースの最前線

<論考>

デジタルアース(Digtal Earth)で考える地球人間圏の将来 

福井弘道

社会情報基盤としての空間情報を考える
―被災自治体情報支援から見えたもの―

花島誠人

地下の天気図創成のために、今できること

工藤 健

地盤工学における空間把握がもたらすもの

杉井俊夫

都市における水害対策の動向
─氾濫解析法の発展を中心として―

武田 誠

地震予知の現状
─デジタルアースの地震予測・防災に期待される役割―

井筒 潤

持続的な森林経営と空間情報

竹島喜芳

まちづくりコミュニケーションを促すプラットフォームづくりの試行

岡本 肇

生命地域(Bioregion)としての流域圏を対象とした「持続可能な発展のための教育(ESD)」の推進
─中部ESD拠点の取り組み事例から―

古澤礼太

ビッグデータと知識情報処理による地理情報システムへの応用

池上俊介

情報サービスのなかの位置情報

渡部展也

         

ポートフォリオ

〈1〉ある時代の証言

「現代思潮社」という閃光―記憶を辿る旅(2)

陶山幾朗

ある勉強会ものがたり―サラリーマンの平成史、ひとつの試み―

金澤一輝

即決即断    

小野桂之介

初めては何?

三浦暁子

今は亡き国のささやかな思い出―僕と旧東ドイツ―

青山孝德

〈2〉空間と人文

地域を食べる活性化

服部 敦

名古屋の都心構造について考える
―都心から名古屋圏の「圏心」へ―

林 上

北京八道湾落書

一谷和郎

地理学からまちづくりへ

大塚俊幸

文明的な中国人観光客

田中孝枝

旅のなかに【歴史と地理の融合】を楽しむ

末田智樹

〈3〉自然と人間

食への不安―本当に日本の食は保障されているのだろうか―

山木昭平

今、なぜ、「大人のRIKA教室」か?

佐橋克己

これからの被災地支援について

吉住隆弘

女性ファッション誌はどこへ行くのか

内藤理恵子

そして、「たゆたうもの」へ―雷龍の国 ブータン―

ハナ・ヌスビト

〈4〉スピリチュアリティの探求

心の生物学

中島 泉

量子力学と脳とスピリチュアリティ―生きる意味を求めて―

吉福康郎

ミディアム研究の現状と展望

大門正幸

胎内記憶から考えられる人の生死

池川 明

子どもの悲しみに寄り添う―家庭における悲嘆ケアの可能性―

林 和枝 

論文

星と動物(4)

堀内 勝

インターフェイス

海外メディアから見た自由民主党政権

酒井 信

土から見た21世紀社会と農業

竹下正哲 キソル・チャンドラ・カナル

韓国における日本アニメの受容

山元貴継

資料

持論・在北米俳人とその研究情報
―渡米した国民文学「俳句」の考現学(其の三)―

奥泉栄三郎

第七高等学校造士館の村上春太郎先生

福井崇時

名古屋を読む

ローカル映画とは何かを考えるための一試論

小林貞弘

自著を語る

『宮古の神々と聖なる森』

平井芽阿里

新刊旧刊

『コレクション戦争×文学2 ベトナム戦争』 

岩間優希

『大原孫三郎―善意と戦略の経営者』

影浦順子

『コレクション戦争×文学10 オキュパイドジャパン』

吉原ゆう子

『砂時計』

栃井裕美


 

 

ページの先頭へ