• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

アクタVol.33

Vol.33 プラスチック社会を考える ―産官学民によるSDGs都市づくりに向けて―

Vol.33

古澤礼太・宗宮弘明 編

A5判89ページ
定価: 本体800円+税
発行: 中部大学
発売:風媒社(2020年12月20日)
ISBN:4-8331-4149-9

目次

  • はじめに 古澤礼太
  • 開会挨拶 中部大学学長 石原修
  • 挨拶 春日井市市長 伊藤太
  • 講演1 循環経済の夜明け 細田衛士
  • 講演2 プラスチック社会からSDGs未来都市へ 那須民江
  • パネルディスカッション
     問題提起: 宗宮弘明
     細菌がつくるバイオプラスチックへの期待: 福田雅夫
     プラスチックの燃焼処分に伴う有害物質の生成について: 堤内要
     マイクロプラスチック研究における生物学: 武井史郎
     プラごみ対策を沿岸域総合管理の出発点に: 加々美康彦
     暮らしやすさと幸せをつなぐまちかすがい: 加藤裕二
     産学官民で育む春日井流SDGs未来都市: 木野瀬吉孝
     子どもたちの未来のために私たちができること: 松元永己
  • ディスカッション
  • あとがき 宗宮弘明

ページの先頭へ