• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

アクタVol.31

Vol.31 持続可能な発展への挑戦 ―中部ESD拠点が歩んだ国連ESDの10年―

Vol.19

古澤 礼太 著

A5判89ページ
定価: 本体800円+税
発行: 中部大学
発売:風媒社(2019年3月30日)
ISBN:4-8331-4140-6

目次

  • 巻頭言 松浦晃一郎氏
  • はじめに
  • 第1部 国連「持続可能な開発のための教育(ESD)の10年」の開始と中部ESD拠点の誕生(2005~2007年)
     1章 ESDとは何か
     2章 愛・地球博からESDへ

     3章 中部ESD拠点の誕生 
  • 第2部 中部ESD拠点の挑戦(2008~2013年)
     4章 伊勢・三河湾流域圏
     5章 「生物多様性条約COP10」と市民参加
     6章 ESDの推進モデルづくり 
  • 第3部 「ESDユネスコ世界会議」(2014年)
     7章 「ESDユネスコ世界会議」の誘致と準備
     
    8章 「ESDユネスコ世界会議」における流域圏ESDモデルの発表
     
    9章 成果文書「あいち・なごや宣言」の採択
  • おわりに
     参考文献

     
     

 

ページの先頭へ