• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

アクタVol.29

Vol.29 芭蕉忍者説再考

Vol.19

岡本 聡 著

A5判129ページ
定価: 本体1000円+税
発行: 中部大学
発売:風媒社(2018年3月31日)
ISBN:4-8331-4135-2

目次

  • はじめに
  • 第1章 芭蕉忍者説に関する研究史
  • 第2章 茂住宗貞の資産と幕府の探索をめぐって
     第1節 茂住宗貞はどこから来たか
     第2節 茂住宗貞はいつ高山を離れたか
     第3節 敦賀移住後の茂住宗貞と息打它公軌の米問屋をつなぐもの
     第4節 茂住宗貞の子打它公軌の資産が窺えるもの
     第5節 茂住宗貞の子孫と老中土屋政直の周辺─資金の逃避と幕府の追跡

     第1節 茂住宗貞はいつ高山を離れたか
  • 第3章 歌枕小黒崎をめぐって
  • 第4章 芭蕉と藤堂家をめぐって
     第1節 芭蕉の藤堂家致仕をめぐって
     第2節 芭蕉と牡丹
     第3節 神宮文庫蔵『和歌名所追考』と『笈の小文』
  • 第5章 『おくのほそ道』の旅と幕府との接点
  • 終わりに
  • 参考文献一覧
     
     

 

ページの先頭へ