キャンパス再発見!

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

模擬保育室

保育空間の理想像を具現化、発達段階に応じた指導方法を学ぶ

模擬保育室

71号館1階にある「模擬保育室」。保育空間の理想像を具現化したこの教室は、現代教育学部幼児教育学科の実習施設の一つとして、学部設立の2008年に設置されました。

明るい色彩で統一された模擬保育室には、木製の小さな椅子、低いテーブルが幼児の発達段階に応じた大きさで配置されています。壁面の棚には、子どもたちが目で見て、手で触れ、耳で聴き、肌で感じ、遊ぶことから感覚を養うことができるさまざまなおもちゃが並び、絵本やブロック、折り紙、エプロンシアター、紙芝居、パネルシアターなど、保育のための教材が豊富にそろっています。

現代教育学部は体験を通じた学びを重視しており、講義科目と並んで演習・実習形式の科目をカリキュラムに多数取り入れています。模擬保育室では幼児教育学科の学生が教材や遊具などを使ったリアルな学びを通して、幼児の発達に即した指導方法を学んでいます。

ページの先頭へ