• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

生物機能開発研究所

生物機能開発研究所ホームページ別サイトにリンクします

バイオテクノロジー分野の先端研究を推進

概要

生物機能開発研究所は本学におけるバイオテクノロジー研究の拠点として2000年4月に設置されました。生物が持つさまざまな機能を開発・利用して、人類が直面している環境や食・健康の諸問題解決に寄与することを目的に、食品機能、環境評価、先端生命、の3つの所内プロジェクトを実施しています。
また、2002年度からは文部科学省の助成を得た研究プロジェクト「ゲノミックス、プロテオミックス及びエフェクトミックスによる食の安全性評価システム開発」を実施しているバイオサイエンス研究センターとも連携し、私たちが日々口にする食品について、環境ホルモン、重金属あるいはアクリルアミドなど、食の安全を脅かす物質を遺伝子レベル、タンパク質レベル及び化合物レベルで、迅速・高感度に検出する手法の開発を中心に研究を進めています。

研究所長
大西 素子別サイトにリンクします
副所長
塚本 義則別サイトにリンクします

大西素子所長

所属研究者

研究者
金政 真別サイトにリンクします 応用生物学部 環境生物科学科 准教授
堤内 要別サイトにリンクします 応用生物学部 応用生物化学科 教授

大学院生特別研究補佐員

研究課題 研究者
アユの餌資源としての糸状藍藻類の価値 岡田 真衣 応用生物学研究科 応用生物科学専攻
呼気を通しての薬物排泄 ― その機構解明と臨床応用 日下部 純平 応用生物学研究科 応用生物科学専攻
卵胎生という生殖様式はなぜ進化してきたか 小池 悠斗 応用生物学研究科 応用生物科学専攻
修復後の汚染土壌における施肥管理が土壌微生物群集と作物育成に与える影響 佐藤 拓磨 応用生物学研究科 応用生物科学専攻
糸状菌が生産するイタコン酸の機能解析 南 智之 応用生物学研究科 応用生物科学専攻
葉の発生分化におけるAS2たんぱく質とエピジェネティック因子の遺伝的、分子的相互作用の解明 山川 美里 応用生物学研究科 応用生物科学専攻
マウスPPM1Bのモノクロナール抗体の産生 山口 青夏 応用生物学研究科 応用生物科学専攻

健康食品科学寄附研究部門

研究課題 研究者
生活習慣病の予防および改善機能性食品素材の開発 米澤 貴之別サイトにリンクします 健康食品科学寄附研究部門 准教授
渡辺 章夫 健康食品科学寄附研究部門 研究員
永井 和夫 客員教授
芋川 玄爾別サイトにリンクします 客員教授

客員教授

研究課題 研究者
磁性微粒子を用いる癌の温熱療法の開発 小林 猛別サイトにリンクします 客員教授

ページの先頭へ