• ページの本文のみをプリントします。ページの設定にて背景色とイメージを印刷する設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ページの設定にて背景色とイメージを印刷する設定にしてください。

目的/テーマ

「シルクロード文化圏をはじめとする、民族および歴史資料に関する比較文化研究のための展示および研究」

当館においては、「シルクロード」という語句に陸と海の双方の「道」のイメージを投影しています。古の交易路シルクロードは、アフリカから地中海世界、ユーラシア大陸までを含む広大な、旅人の「陸」の道程であるとともに、また一方で、南太平洋の海洋諸島や東南アジアの港湾都市では流通経路としての船舶による「海」の道も存在していることから、「シルクロード」のイメージを陸海の双方の諸地域を結ぶキーワードとしてより広義に捉え直し、自由な観点でさまざまな文化を比較して学ぶ場所として、大学の授業の充実を図るとともに、大学が研究を通じて地域とともに発展していく交流の場となることを目指します。

1.国際関係学部ほかとの授業連携

本学の国際関係学部における地域研究の授業において、視覚資料として当館の収蔵資料を活用し、各国の民族の気候風土における人々の生活環境への理解をすすめることで、大学の専門研究への導入口としての役割に貢献していきます。また本学のさまざまな研究者による研究調査の発表の場として提供し、学内外の専門機関との交流の場として発展していく活動を推進します。

2.博物館学芸員課程における、授業内容の充実とその発展

本学の博物館学芸員課程における「博物館学」の授業における演習のなかで、当館の収蔵資料を活用し、直接資料に触れながら調査記録を作成するなど、学生の観察眼を深めるために体験型授業の実践の場として提供します。

3.特色ある公開講座の実施

学内外の幅広い年齢層の地域の方々も参加できる公開講座を実施します。当館の収蔵資料の素材をもとに、「モノづくり」の出発である紙、木、顔料、墨などの自然素材からさまざまなテーマを提案し、素材を観察し知ることから、道具の形の構造や仕組みや成り立ちを深く理解するために、絵画制作や陶片作りなどのワークショップを企画し、体験型の学習方法によって、各国に共通する伝統文化の原点を直接的に探求します。

収蔵資料数

地域 シルクロード室 オセアニア アジア アメリカ アフリカ ヨーロッパ その他 総計
収蔵資料点数 719 466 867 258 100

157

1,157 3,724
(うち写真映像資料) 0 76 56 24 8 6 21 191

(2016年3月現在)

ページの先頭へ