• ページの本文のみをプリントします。ページの設定にて背景色とイメージを印刷する設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ページの設定にて背景色とイメージを印刷する設定にしてください。

2017秋季企画展 民族資料博物館「河本礫亭・五郎とシルクロード」のお知らせ

【2017年10月19日~2018年1月11日】

2017秋季企画展 「河本礫亭・五郎とシルクロード」

会期:2017年10月19日(木曜日)~2018年1月11日(木曜日)
会場:中部大学民族資料博物館 シルクロード室ほか (入場無料)


大学所蔵の陶芸作品のうち、瀬戸焼の2名の作家に焦点をあててご紹介します。
古くから焼き物の土地として伝統ある瀬戸の地において
大正から昭和の時代にかけて、染付磁器の技法の保存継承に尽力した河本礫亭と、
戦後に新たな表現を追求した河本五郎の、作品を通じてそれぞれの時代性を感じることができ、
私たちの生活する「今」に通じていることを実感します。
また、染付技法はシルクロードを通じて伝来した表現といえ、身近な瀬戸から海の彼方の国々とが
長い歴史のなかでつながりをもっている様子についても展示を通して考えていきます。

◇会期中に、関連テーマで文化講演を開催します。
 場所:附属三浦記念図書館 3F セミナールーム  (入場無料・申込み要)

 第1回講演:10月19日(木曜日) 14時~ 講師:七代 加藤幸兵衛 氏  (陶芸家、多治見市無形文化財「三彩」保持者)
  第2回講演:11月14日(火曜日)  15時~ 講師:矢ヶ崎善太郎 氏        (京都工芸繊維大学准教授、日本建築史)
 

◇会期中の、11月11日(土曜日)、11月25日(土曜日)は、大学催事につき特別開館します。(16時まで)

展示のお問い合わせ先

中部大学民族資料博物館
開館時間:平日9時30分~16時30分(無料)

ご案内リーフレット

10月展示チラシ(表)

10月展示チラシ(裏)

Adobe Readerのダウンロードサイトへ
PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧頂けます。詳しくは、アドビシステムズ株式会社のサイト新しくウィンドウが立ち上がりますをご覧ください。

ページの先頭へ