• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

経営情報学部 経営情報学科 足達義則先生

【2013年2月1日】

※2016年4月より経営総合学科

足達義則先生

知れば知るほど意外な一面が! いくつもの顔を持つ不思議先生

プロフィール

足達義則(アダチ ヨシノリ)。60歳。愛知県西尾市出身。1976年、名古屋大学 理学部 数学科卒業、同年、名古屋工業大学助手、1988年、中部大学経営情報学部講師、1990年、中部大学助教授、1994年、学生部長補佐、1996年、中部大学教授。その後、学科主任、専攻主任、学生部長、図書館長、教務部長を歴任し、現在はアドミッション戦略室長、2012年4月より学長補佐も務める。専門は「情報処理」「生体情報」「ファジィ理論」「統計熱力学」。

家族は、奥様と長男・長女の4人。現在は、奥様と両親の4人での生活。趣味は、読書、浪曲、カラオケ、絵画制作・鑑賞と幅広く、休みの日には日曜大工、畑仕事も。天ぷらやビーフシチューが食べたくなるとご自身で作るほど料理好きな一面も。

多岐にわたる専門分野 ― 本当に経営情報学科の先生?!

足達義則先生

足達先生の専門は、情報処理、生体情報、ファジィ理論、統計熱力学ですが、専門分野に関するお話を伺うにつれ、“ それって工学?いや、看護?” と思わせるような研究をたくさんされていて驚かされます。

例えば、ニューラルネットワーク(人間の脳の神経回路の仕組みを模したモデル)や統計手法を用いて、顔画像や手書き文字から個人を識別・認識する、まるで科学捜査研究所で繰り広げられるような内容の研究もあれば、脳波・脈波・心電図などのデータから特徴を抽出して解析するなど、医療とつながる研究も。さらには、ストレス状態の検出とリラックス法の検討など、思わず「経営情報学科の先生ですか?」 と聞いてしまうほど、さまざまな研究をしています。

そんな足達先生もご自身で「保健看護学科が向いているんじゃないかと思っています(笑)」と冗談を言うほどですが、研究から得たデータを解析・処理することで “ 情報 ” を使いこなすビジネスパーソンの育成に向けて教育・研究活動をされています。

足達先生のゼミについて教えて!

経営情報学科の特徴である “ 情報 ” の部分を深く学べるゼミ!

今の時代、どのような業種、どんな規模の組織で仕事をするにしても、企業経営の仕組みを理解し、そこで情報技術(IT)を活用できる人材が求められています。足達先生のゼミでは、まさにこの “ 情報技術(IT) ” について深く学ぶことができます!

「今年度のゼミ生は5人。少人数なので、学生一人一人に目が行き届いて、就職のサポートなど手厚くすることができます」

ゼミの卒業生の就職先は?

ソフトウェア関連など “ 情報 ” に強み

足達ゼミは、ソフトウェア関連の会社に就職実績を持つことが強み。経営と情報の2つのことを学んで卒業した学生は企業での活躍も大いに期待されます。今年度は、業務系ソフトウェアの開発やシステム開発を手掛ける大手「日本情報株式会社」に就職を決めた学生もいます。

授業風景

足達先生の授業づくり

授業で心掛けていることを尋ねると「なるべく反応を見ながら進度を調節し、具体例を示しながら身近に感じられるようにしています」と足達先生。また、ノートに書く、パソコンを使って実習を行うなど、学生にとって授業が受け身にならないよう自ら学ぶ姿勢を引き出す配慮をしています。

 

授業風景

趣味の健康

足達先生が太極拳や気功を実践してご自身の健康と向き合っていることは、学内でもあまり知られていない一面。学生時代にテレビ番組で特異能力を持つ人たちを見たことがきっかけで、その後は合宿して医療気功を習い、現在も実践中とか。通勤時間などちょっとした空き時間を利用しては、1分間に2回という長い呼吸法を実践するなどしているそうです。「体調がいい時は1分間に2回の長い呼吸ができるが、どうも調子が悪い時は呼吸が続かない」と、気功法を実践することが、ご自身の健康のバロメーターにもなっているそうです。

過去には太極気功十八式の免許を取得

過去には太極気功十八式の免許を取得

気の流れを良くするリング

指には気の流れを良くするリング

高校生にメッセージ

足達義則先生

「いくつでもいいので自分の将来像を早めに持ってほしいと思います。中部大は、設備が充実していて勉強するのに十分な環境が整っています。教授陣は、業績のある優れた先生方がそろっているので、一線級の研究に取り組むことが可能です。クラブ活動も盛んで、人間力の側面からも自分を伸ばすことができますよ」

 

ページの先頭へ