• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

キャンパスレポート「先生が愛したカメラたち~伊藤平左エ門のカメラコレクション展~」

【2021年8月6日】

中部大学民族資料博物館企画展
先生が愛したカメラたち~伊藤平左エ門のカメラコレクション展~

2021年3月22日より、中部大学民族資料博物館シルクロード室で「先生が愛したカメラたち~伊藤平左エ門のカメラコレクション展~」が開催されています。中部大学の故伊藤平左エ門名誉教授(1966~1995年工学部)が収集され、本学に寄贈したカメラコレクションの展示をはじめ、工学部建築学科の教員・学生と共に造営した「工法庵」「洞雲亭」「爛柯軒」の資料や映像資料なども展示されています。
今回は、そんなカメラ展の様子をお届けします。

  • 新型コロナウイルス感染症の影響で展示室への入場は学園関係者に限定されていましたが、9月1日(水曜日)、2日(木曜日)、8日(水曜日)、9日(木曜日)、15日(水曜日)、16日(木曜日)の午前10時から午後4時に一般公開(事前予約制)が行われます。
    詳しくはこちら別サイトにリンクします

エントランス

1階エントランスホールの展示

自作のカメラ

伊藤平左エ門先生自作のカメラ

先生のコレクション

Leica、Rollei、MINOXなど、さまざまな種類のカメラを展示

カメラ1

Leicaのカメラ

rollei

Rolleiのカメラ

その他

その他のカメラ

つながり

平左エ門先生の建築学科での活動を紹介するコーナーも

復元記録

洞雲亭の移築、工法庵の復原建築の様子が映像記録として展示

写真

工法庵・洞雲亭の建築模型

奥の展示

奥の展示室には、企画展関連コーナー展示「平左エ門先生と中部大学」も

ページの先頭へ