• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

経営情報学部 経営総合学科 4年 山内遼さん

【2019年6月1日】

山内遼さん

プロフィール

山内遼(ヤマウチ リョウ)さん。経営情報学部 経営総合学科4年。日本航空高校出身。趣味は、去年の秋頃から始めたトランペットの演奏と、スポーツ観戦。好きな球団は中日ドラゴンズ。

中部大学を選んだ理由

山内遼さん

「高校の先生から、中部大学は文理さまざまな学科がそろい、就職率も良いと教えていただき、関心を持ちました。将来は経営コンサルタントの仕事がしたいと考えていたので、中部大学の経営総合学科なら、経営学だけでなく会計や経済などの企業経営に関連するさまざまな知識を全般的に身に付けられると思い、志望しました」

学科の勉強内容

山内遼さん

「私はマーケティングを専門とする青木孝次先生別サイトにリンクしますのゼミに所属しています。ゼミの活動を通して、これまでいろいろな挑戦をしてきました。その1つが、3年生の6月に応募した岐阜県多治見市のビジネスプランコンテストです。多治見の地域資源である美濃焼と、耕作放棄地を組み合わせた“シェア農業”のプランを発表しました。自由に農業を楽しめる場所として使われなくなった田畑を貸し出し、そこで育てた野菜などを陶芸体験で作った美濃焼を器にして、食べるところまで楽しむというものです。多治見市にとって今何が必要なのか考え、就農を通じたコミュニティーを作るビジネスが良いと考え、このプランで大学生特別賞をいただくことができました。その他にもラジオCMコンテストに応募したりするなど、ゼミでの実践的な活動を通してアイデアを生み出す発想力が身に付いたと思います」

さまざまな課外活動を経験

「大学生活ではいろいろなことに関わり、多くの経験を積んでいます。新入生をサポートするピアサポーターの活動や、授業の一環で行った企業のパンフレット作成、そして中部大学のPR動画の作成にも携わったりしました。また、大学のチャレンジ・サイトの活動で生活情報誌『はるる』の取材を担当させていただくなど、本当にいろいろな活動をしてきました。どれも大変でしたが、楽しかったです。こういった活動を経験したことで、社会人としてのマナーも身に付きましたし、段取りをつけて計画的に行動できるようになったと思います」

生活情報誌『はるる』

⽣活情報誌『はるる』(春⽇井、小牧、豊山町に配布されるフリーマガジン)2018年12月発行号に携わった。

今後の目標

山内遼さん

「就職先も決まり、来年4月からは社会人になります。大学で身に付けた経営学の視点から、どうしたらワークライフバランスを保ちながらより幸福な生活を送ることができるのかを社会人として探求しながら実践していきたいと思います。 そしていつか企業経営のコンサルタントとして独立することや、キャリア教育の学校をつくりたいという思いがあります。また、趣味の話になりますが、バンドを組んでステージでトランペットの演奏ができたらいいなと思っています」

ページの先頭へ