• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

応用生物学部 応用生物化学科 4年 入江ひなのさん

【2019年2月1日】

入江ひなのさん

プロフィール

入江ひなの(イリエ ヒナノ)さん。応用生物学部 応用生物化学科4年。兵庫県立西宮今津高校出身。趣味は家電量販店巡り、食べること、お酒を飲むこと。アルバイトは家電量販店で。

中部大学を選んだ理由

入江ひなのさん

「小さい頃から母に連れられて市や科学館などで開催される理科実験の講座などに参加していました。実験が大好きでしたし、高校生の時にはバイオに関心があったので、大学では生物系の勉強がしたいと思い、地元の関西地区の大学や中部圏の大学を受験しました。中でも中部大学は総合大学で、さまざまな研究テーマがあり面白そうだと思いました」

学科での勉強内容

入江ひなのさん

「今は卒業研究としてシミやそばかすの予防に効果的な物質を果物から抽出し、その効果を検証しています。具体的には桃を使い、桃から各成分を取り出して、大きい分子と小さい分子に分け、その後メラニンを含ませた細胞にふくませてどう変化するかを観察します。実際にメラニンが減少し、効果がみられたので、その物質が何かを特定し、市販されている成分より効果があれば特許を出すことも検討しています。また、この4年間でさまざまな勉強をすることができました。リスク予防管理士別サイトにリンクします地域創成メディエーター別サイトにリンクしますの資格を取得することができましたし、高校の理科の教員免許を取得するため、教職課程も履修しました」

水泳部で過ごした4年間

水泳部の仲間と

「1年生から4年生の6月まで水泳部に所属していました。種目は平泳ぎの100メートルがメインで、2年生からの3年間は中部学生選手権など、大会にも出場してきました。部員のみんなとはとても仲が良いですし、この仲間に出会えたことが一番の思い出です。勉強との両立は大変で、とても忙しい毎日でしたが、振り返るととても楽しかったと思います」

今後の目標

入江ひなのさん

「短期的な目標は、今行っている卒業研究をやりきることです。4月からは食品会社で営業職として勤務することが決まっています。大学生活ではさまざまなことに挑戦することができ、人脈を築くこともできました。社会人になったら、これまでの経験を自信にかえ、全国で活躍したいと思います。そして仕事と私生活のバランスを大事にしながら、何事にも挑み続けていきたいと思います」

ページの先頭へ