• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

全学共通教育部 全学総合教育科 岩間優希先生

【2018年1月1日】

岩間優希先生

マス・コミュニケーションを研究し、報道の在り方を探る
「コモンズコンシェルジュ」として学生をサポート

プロフィール

岩間優希(イワマ ユウキ)先生。中部大学 国際関係学部 国際関係学科卒業。同志社大学大学院 社会学研究科 メディア学専攻 修士課程修了。立命館大学大学院 先端総合学術研究科 一貫制博士課程に3年次編入し、先端総合学術専攻 博士後期課程修了。立命館大学衣笠総合研究機構ポストドクトラル・フェローなどを経て、2015年1月に中部大学に着任。全学共通教育部 全学総合教育科講師。また、コモンズセンターでは、コモンズコンシェルジュ別サイトにリンクしますも務める。

愛知県出身。趣味は「知らなかったことを知ることが面白い」ということで、読書と旅行。

岩間先生を Close Up!

先生の研究内容

岩間優希先生

「私の研究はマス・コミュニケーション研究で、特定の過去の事件がどのように新聞やテレビで報道されたかを考察し、より良い報道の在り方を探ることです。研究していて面白い点は、過去の新聞をめくって報道を検証するだけでなく、実際に事件の現場へ取材に行ったり、当時の関係者や事件を報道したジャーナリストにインタビューして話を聞いたりすることです。激動の現場に居合わせた人たちにお話を聞くのは本当に興味深いですし、事件の背後に何があったのか、当時は語れなくても、時間がたった今だから裏側を語ってくれることも多いです」

研究を志したきっかけ

アリーナ

本学が発行する「アリーナ」にも寄稿

「はじめは国際関係学を学び、国際平和に貢献する職業につきたいと考えていました。ところが勉強を進めていくうちに、世界の貧困や差別や戦争といった問題の根本には、多くの人の無関心があると気付きました。そこで、人々が問題に目を向けるためにマス・メディアの重要性に注目し、研究するようになりました」

近著『PANA通信社と戦後日本―汎アジア・メディアを創ったジャーナリストたち』

近著

「この本は、戦後、植民地から独立したばかりのアジアの国々のジャーナリストが一致団結し、“アジア人によるアジアのための通信社”をつくろうとした奮闘の歴史を書いたものです。今では忘れられたプロジェクトですが、当時はアジア報道で重要な業績を残した通信社です。私はその話を単純な会社の歴史ではなく、関わったジャーナリストの夢と野望が渦巻く人間ドラマとして書きました。アジアの国々が仲良く共生していくために、これらの経験が今後生かされることを強く願っています」

コモンズコンシェルジュとして

コモンズコンシェルジュ

不⾔実⾏館3階のラーニング・コモンズで

「コモンズコンシェルジュは、不言実行館内のコモンズセンター別サイトにリンクしますで学生の皆さんのいろいろな要望や相談を聞き、アドバイスをする存在です。今までいろいろな学生が私たちのもとにやってきました。レポートの書き方や授業の相談、学生生活、アルバイト、ゼミ、進路に関すること、学内での企画立ち上げなど、さまざまです。皆さんに共通しているのは、もっと自分の毎日を良くしたいと望んでいることです。コンシェルジュのアドバイスを受けて、現状を大きく改善させたり、夢を見つけたりした学生がたくさんいます。思うことは、『こんなこと相談してもいいのかな』と遠慮している学生がまだまだ多いということです。もっと気楽に足を運んでもらえたらなと思います」

先生の学生時代

学生時代

大学院生時代、調査でインタビューしているところ

「大学生の時は、長期休みの度に海外旅行に出かけバックパッカーをしていました。一番印象に残っているのは、1カ月かけて友達と2人でドイツ、フランス、イタリア、スペインを周ったことです。大学院生になってからは、調査で海外に行くことが多くなり、遊びで行くことは少なくなりました。調査ではベトナムやシンガポールによく行きました。ベトナムではメコン川を船で渡り、ベトナム戦争の激戦地だった場所を取材したり、シンガポールでは著名なジャーナリストの方にインタビューをしたりしました」

メッセージ

岩間優希先生

「大学進学を目標にすると、進学後にモチベーションがなくなってしまいます。就職を目標にすると、就職後にモチベーションがなくなってしまいます。大学で何を勉強し、就職してどんなふうに仕事をし、どんな人生を生きていきたいかを構想していくといいと思います。自分は何がやりたいのか分からないという人は、今の自分ができる範囲の中から夢を見つけようとしていないでしょうか。まず世界中のどんな職業にでも就けるとしたら何をやりたいかを想像してみてください。そして思いついたら、それに向けた勉強や練習をすればいいのです。そうすれば夢は絶対叶います。そのためのアドバイスならいつでもしますので、ぜひコモンズコンシェルジュに相談してみてください」

ページの先頭へ