• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

2017年度新入生宿泊研修(恵那研修)

【2017年4月6日】

 機械工学科の新入生全員を対象とした宿泊研修が、4月5-6日に恵那キャンパスで行われました。

 恒例の製作コンテスト「チャレンジカップIN 恵那」では、5名ずつのグループでLEGOブロックキットを使って電動模型自動車の製作に取り組み、最後に坂のあるコースでの走行タイムを競いました。グループメンバー全員で知恵を出し合って、スピードとトルクを勘案した歯車の選定や、走行時に分解してしまわないようなブロック組立を工夫し、設計、試作、改良に取り組みました。また、研修の最後には、6月に予定されている中部大学全学スポーツ大会 長縄跳び種目出場者の選考を兼ねた、長縄跳び大会を行いました。

 毎年恒例のイベントではありますが、今年はピアサポーター(上級生)がしっかり全体をひっぱり、成功裡に終えることができました。新入生もこの2日間で、話のできる友人が増えたものと思います。ピアサポーター、恵那研修所の方をはじめとし関係各位に感謝申し上げます。

 

①グループごとに2台の車を製作します。

 

②試走をして、修正して。場合によってはゼロから作り直して「チャレンジカップ恵那」に備えます。

 

③「チャレンジカップ恵那」が始まりました。この競技の難しいところは、坂道の手前で高速用の車から登坂用の車にパワーパックを載せ替えしないといけないところです。この、載せ替えが勝敗の行方を左右します。

 

④作品例(左)、ゴール直前の障害物コース(波板)が難関。ここで壊れることもあります。(右)

 

⑤表彰式 学科主任の鈴木先生より賞状と副賞が授与されました。

 

 

 
 

ページの先頭へ