• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

海外で働く先輩にZoomでインタビューしました!(特派員M・I)

【2021年7月28日】

私が所属している澁谷ゼミでは、主に韓国に関することを研究・学習しています。

今回の授業では、「海外で働く卒業生にインタビュー」という企画の一環で、韓国に住む澁谷ゼミ卒業生の北本さんにリモートでインタビューをさせていただきました。そもそも海外在住の人と、Zoomを介して顔を見ながらお話しするのは初めてのことでした。

北本さんとお話させていただくのは今回が初めてだったこともあり、とても緊張しました。まず、後輩の私たちゼミ生が簡単な自己紹介をし、北本さんにも自己紹介をしていただきました。その後、事前授業であらかじめ考えた質問を北本さんにぶつけてみました。

 北本さんは、学生時代から現在に至るまでどのような経験をしてきたのかパワーポイントを使い詳しく説明してくださいました。多くの困難や挫折を経験するも、乗り越え行動に移してきた北本さんのお話には、鼓舞される部分や考えさせられる部分が多くありました。その中でも「人との縁を大切に」という北本さんの言葉が印象に残っています。北本さんが現在勤める会社は、草野球仲間の紹介がきっかけだったという話を聞きました。私も一つ一つの縁をより大切にしていこうと思いました。

私たちの質問は、主に韓国での生活についてでした。仕事のことや結婚生活のことなど、普段聞くことのできないことばかりでした。質問はゼミ生それぞれの視点からのもので、自分とは異なる考えに触れることができました。また、質問を通し、どのような部分で日本と韓国の違いが表われているのか知ることができました。特に韓国の女性と国際結婚をしている北本さんに結婚生活について聞いた時には、ぐっと踏み込んだ内容の質問もあり、すごく盛り上がりました。

全体を通して、インタビューというよりは、普段の会話と変わらないような和気あいあいとした交流だったように思います。現地に直接行ったり学校外で活動をしたりすることができない現在の状況だからこそ、実現した今回のインタビューでした。このように、オンラインで国外にいる人と繋がって、交流ができることが理解できたので、今後の活動の幅を広げることができたと思いました。                       
 

ページの先頭へ