• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

オハイオ大学長期研修を終えて-変化と循環(特派員:AM)

【2017年10月12日】

Hello! I'm Sophomore who belongs to the College of International Studies.

私は、春休みから夏休み前にかけての4ヵ月間、中部大学の2年生対象のプログラムであるオハイオ大学長期研修に参加しました。

    

まず、オハイオ大学の紹介をします。

アメリカのオハイオ州アセンズ市にあり、寮や住宅、アセンズの町も大学の一部です。

自然豊かなキャンパスには、リスやカナダガンがいて、時々シカも見ることができます。6月は蛍が当たり前に見られるらしく、驚きました。

また、プールやジムは無料で、空き時間によく利用していました。ロッククライミングやスカッシュ、バスケットボールなど様々なスポーツが楽しめます。スケート場もあり、安い値段で自由に滑ることができました。 それからバスケットボールチームが有名で、バスケットボール専用のスタジアムでは度々試合が開催されます。試合はもちろん、熱狂的な応援も見ていて気持ちがよかったです。

     

オハイオは北海道と同じ緯度で基本的に気温が低いですが、寒暖差も激しいです。4月になると急に暖かくなる日もあり、半袖になる現地学生もいました。6月になると激しい雷雨の日もありましたが、虹も見ることができました。

環境の違いで戸惑ったこととして、信号機がありました。赤と青ではなくマークでカウントされるので、渡りにくいと思いました。時には壊れていることもありました。 ただし、日本ほど交通量が多くないため、信号を守る人も多くないかもしれません。

次に、生活についてです。

自由な時間が多いので、空き時間は宿題をしたり、友達とカフェで話したりしていました。 大学にはショッピング街やレストラン街もあり、日本や中国のほか、メキシコやギリシャ、インドなど様々な国の料理が楽しめます。大抵はプランに含まれている食事でしたが、時々レストラン街にも食べに行きました。

イベントも随時開催されているので、現地の人たちとの交流の機会もたくさんあります。中には日本に興味のある人もいて、カンバセーションパートナー制度もあり、必ず多くの学生と出会えます。ホリデイには、友達と大学の近くにある映画館やマーケット、カフェなどに行ったり、仲良くなれば家に招待してくれたり、遠出をしたりして皆過ごしていました。

    

最後に、英語学習のために飛び込んだ研修でしたが、思っていたより異文化を楽しむことができたと感じます。始めは戸惑うこともありましたが、徐々に英語の環境に慣れていく自分に驚きました。

異なる文化を経験し視野が広がり、異なる環境で生活して、自分に足りないものが見えた4ヵ月でした。4ヵ月という期間が長いのか短いのか、疑問でしたが、留学へ行って見えたことは多いです。留学に興味のある人は迷わずに行ってみてほしいです。

日常に戻った今、得た経験をどう生かすかが大切だと感じます。失敗をエネルギーに変えて、モチベーションを糧にこれからも学習に励んでいければと思います。

Don’t hesitate. Don’t be afraid of making mistakes. Let’s have a try!

ページの先頭へ