• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

アメリカの新車市場で日米シェア逆転! 2008年7月の新車販売台数、日本車が初めてビッグスリーを上回る(国際文化学科 教授:河内 信幸)

【2008年8月25日】

日本車対ビッグスリー

これまでビッグスリー(GM・フォード・クライスラー)がアメリカの自動車産業をリードしてきたが、最近になって、アメリカの新車市場で日米のシェアが逆転したというニュースが飛び込んできた。

ビッグスリーの販売シェアは1998年まで米市場で70%を超えており、日本車がかなり人気を集めてきたとはいえ、そのシェアはまだ20%前半であった。ところが、日本のブランド車が浸透するとともに差が縮まり、2004年にはビッグスリーのシェアが60%を割り込むとともに、日本車が30%を超えるシェアを獲得した。しかも、その後に空前の原油高が押し寄せると、ビッグスリーのシェアはますます下降し、2007年7月には初めて月間で50%を割り込むに至った。

新車販売台数で日本車優位に

そして、アメリカ調査会社のオートデータによると、今年7月初めてアメリカの新車市場で日米の販売シェアが逆転する事態となった。7月の新車販売台数は、日本車が8社合計で48万8,226台であったのに対して、ビッグスリーの合計は48万5,289台にとどまり、わずかながら日本車が上回ったのである。その結果、日本車のシェアは43.0%と史上最高になったのに対して、ビッグスリーは42.7%と過去最低のシェアにまで落ち込んだ。しかし、アメリカ市場全体が前年同月割れを9カ月も続けており、特に今年の7月は前年に比べて20%弱減と落ち込み幅が大きかったことを忘れてはならない。

特に、ピックアップ・トラックやスポーツ用多目的車(SUV)などの大型車の販売は、前年の7月に比べて31%も減少しており、7%減の小型車に比べて落ち込み幅が4倍以上にも達した。GMは、売却を検討している大型車の主力ブランド「ハマー」が65%も減少し、アメリカ市場で大型車に力を注いできたトヨタも、ピックアップ・トラックの「タンドラ」が47%も販売減となってしまった。これまでピックアップは、大型車を好むアメリカ自動車文化の象徴であったはずであり、テキサス州サンアントニオ市には、北米トヨタのテキサス工場が大型車生産を中心に2006年11月から稼動していた。

苦境に立つビッグスリー

メーカー別の販売減は、クライスラーの34.2%を筆頭に、GMの32.4%、フォードの21.5%と続き、大型車の比率が高いビッグスリーが前年比 28.8%減を記録したのに対して、日本車は、生産台数世界一のトヨタが18.7%、ホンダが9.2%減少したものの、全体では12.2%減にとどまったのである。

しかし、日米自動車業界をガソリン高と景気減速が直撃していることは確かであり、GMが8月1日に発表した2008年4から6月期決算は、当期損益が前年同期の8億9,100万ドル(約960億円)の黒字から154億7,100万ドル(約1兆6,600億ドル)の赤字に転落した。これでGMの当期赤字は4四半期連続であり、2007年7から9月期に、四半期としては過去最大の389億ドル(約4兆1,800万円)の当期赤字を計上して以来、景気の減速に原油高が追い討ちをかけており、大幅赤字から抜け出す展望は開けていない。株価が半世紀前の水準になっているGMの苦悩は、予想以上に深いものがある。

またフォードも、2008年4から6月期に2四半期ぶりに当期赤字に転落し、86億6,700万ドル(約9,300億円)の大幅赤字を計上した。その結果、フォードはヨーロッパの小型車を北米に投入し、大型車の3工場を小型車に振り向ける「小型車プラン」を打ち出した。同じようにGMも、大型車を生産する4 工場の閉鎖や約1万9,000人の従業員削減などを打ち出し、リストラ計画とその費用を計上した。しかし、小型車の生産増を軌道に乗せるには時間がかかることも確かであり、その前途は決して平坦でない。

苦しい日本メーカー

このような減速傾向は日本のメーカーにも押し寄せており、トヨタは、2008年の世界販売計画(ダイハツ、日産含む)を、昨年12月に発表した当初計画よりも30万台余り下げ、約950万台に修正する方針を打ち出した。これでも2008年度の販売実績は前年度に比べて20万台弱上回る水準であるが、前年比で50万から70万台伸ばしてきた過去5年回の実績と比較すると減速感は否めない。

サンアントニオの北米トヨタ工場は、牙城のビッグスリーに対抗して大型車市場に参入するため、トヨタの生産拠点と位置づけられてきた。そのテキサス工場では約2,000人の従業員が働いているが、この8月8日から生産を一時停止することが決まった。原油高と景気減速のディレンマが、日米の自動車産業を直撃しているのである。


2008年7月のアメリカ新車販売台数

メ ー カ ー 販売台数 前年同月比(%)
G M 235,184  -32.4
ト ヨ タ 197,424  -18.7
フ ォ ー ド   161,530  -21.5
ホ ン ダ 138,744   -9.2
クライスラー  98,109   -34.2
日 産 95,319    0.1
[出所] AutoData、『朝日新聞』(2008年8月2日付夕刊)。

2008年8月25日

ページの先頭へ