• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

9月21日「ハイブリッド・プロジェクト」初回授業を実施しました

【2016年9月28日】

「学生と教員が協同して、毎回の授業を創り上げていく」まったく新しいスタイルの授業がスタート!

国際学科が新しい試みとして実施する授業「ハイブリッド・プロジェクト」。この科目は、一般的な「国際」の概念にとらわれず、身近にあるさまざまなテーマを学生自らが選び、専門分野の異なる複数の教員から指導を受けて行うプレゼンテーション、学生と教員がそれぞれの立場に捉われずに行うディスカッションなどにより、「学生と教員が協同して、毎回の授業を創り上げていく」まったく新しいスタイルの授業です。

9月21日、1年次秋学期に開講の「ハイブリッド・プロジェクトA」の初回授業が行われました。 

     
  複数の担当教員が受講生と並んで着席

第1回の授業では、まず、受講者の自己紹介と、この授業を通じて取り組みたい研究テーマの報告が行われました。中には「高校生の時に国際学科のパンフレットを見てこの科目を知り、ぜひ受けたいと思ったので中部大学に入学しました」という学生もおり、この科目に対する学生の期待の高さが伺えました。

  
  自己紹介を行う受講生

担当教員6名の自己紹介の後、今後の授業の進め方についての意見交換と確認が行われ、初回授業は終了しました。この授業を通じて学生と教員が生み出していく意欲的な成果については、引き続き国際関係学部国際学科のホームページで適宜紹介していきます。

ページの先頭へ