• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

平成28年度「地域創成メディエーター」資格の取得方法について

【2016年9月27日】

平成28年度 地域創成メディエーター資格の取得方法

ステップ1  *単位取得&課題設定

「学ぶ」・・・ 授業で知識を習得(地域関連科目の単位取得)
 +
「動く」・・・ 課外体験に参加・実践(地域交流プログラムの実行) *1つ以上の活動でOK!

※詳しくはパンフレットをご覧ください。
2014年度以前入学生はこちら→地域創成メディエーター資格取得ガイド(2014以前)(PDF形式:約4.1MB)PDFファイル

2015年度以降入学生はこちら→地域創成メディエーター資格取得ガイド(2015以降)(PDF形式:約1.5MB)PDFファイル

ステップ2  *資格申請

規定単位を取得し、資格申請! (教職員がアドバイスします)
以下の要領で申請書を作成し、期日までに提出してください。

(1)申請書をダウンロード。両面印刷して、表ページの「申請者情報」を記入する。

(2)成績・履修状況表を添付の上、課外活動の担当の教職員へ提出してください。裏ページの推薦書が必要となります。

(3)発表形式を発表指導責任者の教員と相談し、選択する。
    (注:口頭発表者は審査により決定。選出されなかった場合は、ポスター発表となります。)


(4)プロジェクトリーダーの承認をいただいた後、地域連携教育研究推進部(16号館3階)に提出してください。【締切:10月20日】


2014年度以前入学生はこちら→資格申請書(2014年度以前)(ダウンロード)(PDF形式:約0KB)PDFファイル

2015年度以降入学生はこちら→資格申請書(2015年度以降)(ダウンロード)(PDF形式:約0KB)PDFファイル

 ※申請受付期間  2016年9月28日(水曜日)~10月20日(木曜日)まで

ステップ3  *成果発表 「プラス・エクスプレッション」

資格取得の最後の課題、自己プレゼンテーション!
申請~プレゼンまで、教職員が全面サポートします。

発表形式:口頭発表もしくはポスター発表のどちらかを選択

(1)口頭発表・・・6名程度。パワーポイントを使用して10分程のプレゼンテーションを行う。

(2)ポスター発表・・・サイバーポスター発表(事前にインターネット上で閲覧、審査)。当日は審査員による質疑応答を行う。

【発表会までのスケジュール】
 Ⅰ 全体ミーティング:全員参加(発表指導教員及び学生)、メディエーター取得の意義等と発表会までの流れ、発表における留意点

 Ⅱ 口頭発表者の個別ミーティング:学生の成長のあゆみチェック(発表指導責任者ごとに行う)

 Ⅲ 口頭発表者の全体ミーティング:口頭発表者による中間発表とフィードバック(発表指導責任者、プロジェクトリーダー 等)

 Ⅳ リハーサル(発表会前日):口頭発表者のみ(発表指導責任者、プロジェクトリーダー 等)

※口頭・ポスター発表ともに上記以外の個別指導は、必要に応じて各発表指導責任者により適宜実施。

 

第3回 地域創成メディエーター発表会「プラス・エクスプレッション」 

2016年12月7日(水曜日)15:30~ 不言実行館 アクティブホールにて開催決定!!

 

ステップ4  *認定

成果発表で審査後、見事 地域創成メディエーターに認定された学生には、認定証を授与します。
 (口頭発表者には、認定証と盾を授与します。)

※何度でもチャレンジできます。一度認定されても、また新たな挑戦を続け、自分をどんどん育てましょう!

問い合わせ先

地域連携教育研究推進部 (16号館3階)
内線:丹羽(2352)、平野(2354)、山本(2353)、新井(2358)

Adobe Readerのダウンロードサイトへ
PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧頂けます。詳しくは、アドビシステムズ株式会社のサイト新しくウィンドウが立ち上がりますをご覧ください。

ページの先頭へ