• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

2016学生からのメッセージ

オープンキャンパスを担当する学生からのメッセージを紹介します。

日本語日本文化学科

田邊 菜美さん(4年生)

みなさんこんにちは。中部大学の日本語日本文化学科の特徴は、先生方がとても気さくなことです。2年生の頃、質問をしに先生のお部屋にお邪魔してびっくり、学生のたまり場になっていたのです。他学科の人や院生の方もいました。ほどなく私もその一人になりましたが、そこから広がるいろいろな話題や、先生の人脈や研究に関わり、さまざまな活動に参加できました。例えば、犬山市の桃太郎伝説を紹介する絵本を作りましたが、その過程で元市長さんや、研究者の方、広報大使の方等と接する機会がありました。このような経験は、普通に大学に通っているのではできなかったと思います。この絵本は、オープンキャンパスで展示しますのでぜひ見てみてください。

今回のオープンキャンパスも日本語日本文化学科の企画に他学科の人が協力してくださっていますが、先生の研究室でたまっていた繋がりからです。

全体的に日本語日本文化学科の先生はこんな傾向があります。このような話に関心があれば、是非、オープンキャンパスで私を見つけて声をかけてください。

英語英米文化学科

米澤 一輝さん(3年生)

みなさんは、英語が得意ですか?成績がよかったという方は、たくさんいらっしゃると思います。でも、実際の外国人に話かけるのは...どうでしょうか?

英語のコミュニケーションは、高校までの受験対策としての英語とは少し違う気がします。修得するには、すべて英語で話す少人数の環境が必要だと思います。英語英米文化学科の授業はそういう感じです。最初こそ苦労して英語をひねり出す感じですが、それを乗り越えると自然に英語で話せるようになります。先生方も英語教育の専門家なので、的確にフォローしていただけ、安心して授業に望めます。この感じをオープンキャンパスで先生に接して体験してください。私はこれから留学を控えていますが、英語力に対する不安はほとんどなくなくなりました。

ところで、英語英米文化学科の留学は、語学のためだけではありません。外国の人とコミュニケーションをとるためには、そのバックグラウンドである文化を知ることが大切だと言われています。よって、私は英語圏の文化に関する研究で卒業論文を書こうと思いますが留学でそのヒントを得られればと思っています。最後に、先に留学した友達から写真をもらったのでご覧下さい。とても楽しかったということでした。

コミュニケーション学科

加藤 里菜さん(4年生)

みなさん初めまして。私は映像や広告関係に関心があって中部大学のコミュニケーション学科を選びました。出版などにも興味があったので、ウプトという大学の広報誌作成に学生編集員として関わっています。中部大学生へのインタビューでは初めて関わる学生がほとんどであるため、コミュニケーション力も鍛えられとても良い経験になりました。乗り気で話してくれる学生が少ないため、どのようにコミュニケーションを取ったら聞き出せるか、日々考えることも楽しいです!また、インタビューした内容は、取捨選択して記事にまとめなくてはなりませんが、コミュニケーション学科で文章をまとめる力をつけてきたので、私はこの作業が好きです。学科では本の要約や考察を行う課題が多く大変でしたが、この経験が役立ったと思っています。今取り組んでいる就職活動でもこれらの点を褒められることがあり、社会に出てからも自分の武器になるのではないかと心強く思っています。

心理学科

坂本 匡さん(2年生)

心理学を学びたいと思って調べてすぐに見つかったのが、中部大学人文学部の心理学科でした。心理学の内容については全く知らなかったので、たくさんの心理学分野の先生がいる中部大学を選びました。心理学の幅は本当に広くて、臨床心理学から「キャリア心理学」といった領域もあります。今受講していますが、就職活動に有利になるのではないかと期待しています。色々な領域がある中で、3年からのゼミ配属に備えて、志望ゼミをどうしようか考え始めたところです。今は、教育心理学や発達心理学に関心を持っています。

大学に入って感じたのは、大学の先生は思っていたよりずっと身近な存在であるということです。学業についてはもちろんのこと、人間関係での悩みや不安などの様々な相談にものってくださいます。また、講義でのグループワークや学科でのイベントを通じた同輩、先輩、 後輩との交流の機会も多く、様々な人とのつながりができる学科です。オープンキャンパスでは、そんな和気藹々とした心理学科の雰囲気を感じながら、心理学のこと、学科のこと、進路のことがよくわかる企画を用意しています。ぜひオープンキャンパスにお越しいただき、私たち学生にたくさん質問をしてください!

歴史地理学科

鈴木 暁久さん(3年生)

みなさんは、歴史地理学科の研究についてイメージが湧きますか?今回は、私も受講した地理学野外実習と地理学野外研究をご紹介します。これは、学生がテーマを設定して一連の研究をやってみる授業です。私達のグループは、名古屋城の魅力向上をテーマに、観光客へのアンケート調査、名古屋城に関わる行政の方への聞き取り調査等を行い、結果を考察し提案等をふくめてレポートにまとめました。

この授業は学生が主体となって進めるため、行動力が身につきました。大学外の方とやり取りをするので、いい加減なことはできず緊張感があります。また、立場によっていろいろな考え方があることに驚きました。

ご紹介した授業は、2年生の科目ですが、歴史地理学科は、1年生から実習がある実践的なカリキュラムだったと思います。レポートをまとめた冊子等もオープンキャンパスで展示します。スタッフに声をかけて、受講した感想等も聞いてみてください。

ページの先頭へ