• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

2017中部大学オープンキャンパス 歴史地理学科イベントのご案内

【2017年8月9日・10日・11日】

8月9日、10日、11日の3日間、中部大学ではオープンキャンパスが開催されます。 ここでは、歴史地理学科のミニ講義と、実験実習の中で行われる特別企画などをご案内します。

人文学部では、オープンキャンパスの内容や学科について分かっていただけるようパンフレットを作成しました。左のイメージをクリックしてご覧ください。

その他、以下のページでも中部大学夏のオープンキャンパスをご案内しています。

中部大学のオープンキャンパス案内人文学部のオープンキャンパス案内

歴史地理学科とは..

時間と空間との中で考察し、 総合的に未来を見出す力を身につける。

歴史地理学科では、現代社会における様々な問題を、それらの背景となりうる「歴史的な 経緯」「空間的な関係」の両者を念頭において見つめていきます。

ミニ講義/リレー形式(11時〜12時)

歴史と地理を同時に学ぶ面白さ

歴史だけではない。地理だけでもない。両者をともに学ぶことを目指すのが歴史地理学科!時間と空間とを行き来する歴史地理学科の「学び」の一端を、歴史・地理の6人の先生がリレー形式のミニ講義で紹介します。

会場 25号館3階/2534講義室

  

9日

名古屋圏のゲートウェイ-その歴史と地理-

担当者:林上先生

毛沢東、あるいは「行動する異端」

担当者:一谷和郎先生

10日

あたらしきを温(たず)ね、故(ふる)きを知る。

担当者:竹島喜芳先生

海の向こうで戦争がはじまるとき

担当者:三浦陽一先生

11日

JR東海道線のルートが不自然なわけ

担当者:大塚俊幸先生

桶狭間の戦いの虚像と実像

担当者:水野智之先生

研究室開放

職員室や図書館とは一味違う、大学の先生の研究室をのぞいてみませんか。(参加希望の方は、2533講義室にてスタッフにお知らせください)

担当者 末田智樹先生
会場 25号館4階

相談コーナー

25号館3階/2533講義室

歴史地理学科での4年間を、写真・教科書・ノートなどを展示してご紹介します。教員による相談コーナーも設けます。

  

学生のメッセージ

 

オープンキャンパスを担当する学生のメッセージです。入学して印象的だったことを聞きました。

ページの先頭へ