大学院国際人間学研究科 国際関係学専攻

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

専攻概要

理論と現場感覚、思考力と応用力のバランスのとれた国際人、教育・研究者を養成。

国際関係学専攻(博士前期課程・後期課程)

国際関係学専攻は、国際協力、平和、人権、地球環境等を中心とした国際政治経済研究と人類文化・社会の多様性を究明する国際社会文化の二つの領域から成ります。理論と現場感覚、思考力と応用力のバランスを取り、同時代的な人間と社会の開発の課題に取り組むことのできる国際人、有識社会人、高度専門職業人および教育研究者の育成を目標としています。

国際関係学専攻 基本データ

開設 1991(平成3)年
在学生数 博士前期課程 1年 1人 (1人)
2年 3人 (2人)
小計 4人 (3人)
博士後期課程 1年 0人 (0人)
2年 1人 (1人)
3年 5人 (3人)
小計 6人 (4人)
合計 10人 (7人)
  • 在学生数
    2019年5月1日現在
    カッコ内は女子内数

 

ページの先頭へ