大学院工学研究科

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

宇宙航空理工学専攻

宇宙航空理工学専攻(修士課程)

宇宙航空理工学は、航空機・ロケット・人工衛星などの設計・製造・運用等に関する技術、それらの基礎となる数学・物理学・化学、及び、宇宙航空に関する様々な現象の科学的解明等に係わる学際的、総合的な学問です。また、航空宇宙機等の開発は一般に国際的大型プロジェクトとなるため、多方面の専門家などと国際的に協力することができる語学力、コミュニケーション能力も必要とされます。

本専攻では、学部4年間に修得した基礎知識、専門知識を基盤とし、宇宙航空理工学の基礎をなす専門3分野(材料・構造、空力・推進、制御・情報)のより高度な教育や各研究室において実施するセミナーや研究、企業との共同研究等を通して、より深い専門知識、総合的、国際的な視野、やり抜く力、論理的思考力、表現力等を修得します。

修了者は、宇宙航空理工学分野だけでなく、機械系、電気・電子・情報系分野やこれまでにない新しい分野で活躍することが期待されます。

宇宙航空理工学専攻の情報

3つのポリシー〔ディプロマ・ポリシー(DP)、カリキュラム・ポリシー(CP)、アドミッション・ポリシー(AP)〕、カリキュラム・マップ、授業科目 など

ページの先頭へ