大学院 工学研究科 建設工学専攻

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

学修教育目標

博士前期課程

高度専門職業人の養成

1. 原理・原則に関する深い理解

建設工学の基礎となる自然科学と人間・環境に関する原理・原則を深く理解するために、深く幅広い知識と文化的教養および倫理観を養う。

2. 関連分野あるいは異分野に関する幅広い知識と認識

建設工学の専門分野に関するのみでなく、異分野に対しても基礎原理や関連する科学技術および人間・環境を総合的に理解しうる幅広い知識と認識できる能力を養う。

3. 分析および課題設定・解決能力

それぞれの専門分野における知識を修得し、問題の分析と課題の発見、およびその解決方法の提案・検証・評価・公表できる能力を養う。

4.文献・実地調査および仮説設定と検証能力

建設工学の専門分野における問題発見と解決に結び付けるために、自ら考究・実践・体験を通して学び、仮説設定と検証の繰り返しを継続することにより、より高度な学術の探求に結びつける態度と能力を養う。

5. コミュニケーション能力およびリーダーシップ能力

開拓者精神が旺盛でコミュニケーション能力を持った高度な建設技術者として地域社会や国際社会においてリーダーシップを発揮できる能力を養う。

博士後期課程

特定領域で最高度に社会に貢献できる最高度専門職業人の育成

1. 基礎的または応用的な最高度の学識・技術

建設工学または建築学における高度の基礎的あるいは応用的な研究活動を行い、その成果を社会に還元できる人材を育成する。

2. 知的創造力と高い課題設定力と課題解決力

真理の探求による知の創造力および高度の開発型研究に必要な高い課題設定力と課題解決力を養成する。

3. 周辺学術領域への見識と豊かな人間性

周辺学術領域への広くて高い見識に基づく豊かで深い人間性を養う。

4. 高度の総合能力(判断力・実行力・指導力)を備えた学術の継承

高度の総合的で的確な判断力および指導力を備えた、建設工学分野の領域で最高度の専門職業人または教育研究の後継者を育成する。

ページの先頭へ