• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

中部大学の自己点検・評価

本学は、1991年11月に自己点検・評価準備委員会を設置して自己点検・評価に向けて諸準備を行い、1993年4月に自己点検・評価委員会(委員長:学長)と改組、以後、同委員会を中心に本学における教育・研究活動の自己点検・評価活動を推進してきました。

2000年9月には、同委員会による「1999年度 自己点検・評価報告書」を刊行し、学内外に公表しました。その後、2004年8月に「2003年度 自己点検・評価報告書」を、2013年6月には「2012年度 自己点検・評価報告書」を刊行、また、2007年7月には大学機関別認証評価の受審資料ともなる「中部大学自己評価報告書」を作成し、公表してきました。

また、2008年以降は、2007年に受審した大学機関別認証評価における改善向上方策に係る諸活動について毎年評価・点検を行ってきました(非公表)。

2016年3月には、内部質保証体制の見直しを行うために、自己点検・評価委員会(委員長:学長)の下、自己点検・評価あり方検討WGを設置して検討を重ねました。その結果、2017年11月7日開催の同委員会を経て、11月15日開催の大学協議会において自己点検・評価実施要項を同日付けで施行し、2018年度に行う2017年度の自己点検・評価から実施することが承認されました。

このように、本学では、大学の「質」を保証することを目的として、随時自己点検・評価を行い、新たな改革に向けての活動を持続的に行っています。

自己点検・評価体制概略図

実施要項

自己点検・評価結果

FD活動評価点検別サイトにリンクします

中部大学では、FD委員会の下にFD活動評価点検委員会を設置し、主に組織を単位として行っているFD活動について取りまとめ、公表しています。

動物実験に関する自己点検・評価別サイトにリンクします

文部科学省告示「研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針」に則り、動物実験等に関する情報を公表しています。

ページの先頭へ