• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

第10回英語学生スピーチコンテストで本学科学生が優勝!

【2020年11月28日(土)】

愛知日米協会主催「第10回学生英語スピーチコンテスト」で本学科学生が優勝!

学生英語スピーチコンテスト

2020年11月28日(土曜日)、愛知日米協会主催「第10回学生英語スピーチコンテスト」が名古屋商工会議所で開催されました。愛知県内の大学に在学中の大学生を対象にしたスピーチコンテストで、書類審査を通過した8人が「Something I am working hard at. 私が一番頑張っていること」をテーマに、これまでの経験を振り返り、入念に準備したスピーチを披露しました。

英語英米文化学科からは、大幢万弥さん(1年生)、加藤亨皐くん(1年生)、ゴ・ハン・ミン・ヒュウさん(3年生)、田崎佑くん(3年生)、望月大樹くん(3年生)の5人がスピーチを行いました。

全出場者と審査委員

学科からの出場者と指導担当の先輩

審査員3名による厳正な審査の結果、"Yo-yo taught me everything" というタイトルでスピーチを行った田崎佑くんが見事優勝を勝ち取りました。田崎くんはスピーチでも得意のYo-yo (ヨーヨー) を披露しましたyo。また、"It all started in the dream" というタイトルでスピーチを行ったゴ・ハン・ミン・ヒュウさんが3位に入賞、"Self-Actualization"というタイトルでスピーチを行った望月大樹くんが愛知日米協会賞をそれぞれ受賞しました。
(愛知日米協会賞は当日出席された愛知日米協会会員の皆さまの投票により選出される賞です)

優勝:田崎佑くん

3位:ゴ・ハン・ミン・ヒュウさん

愛知日米協会賞:望月大樹くん

ページの先頭へ