• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

アドミッションポリシー

1. 工学部の教育理念・使命

中部大学の建学の精神「不言実行、あてになる人間」を受けて、「はつらつとした姿勢で創意工夫を行い、誠意と勇気を持って決断し、速やかに実行に移すことによって、人々の福祉・幸福の向上に貢献できる技術者(「創意はつらつCHUBUエンジニア」と呼び、研究者や教育者も含みます)の育成を目指します。

2. 工学部の教育目的

工学部では、「人間形成に必要な教養、普遍的な幅広い基礎知識、専門知識と実務知識ならびにその応用力を修得し、時代の要請に 応えさらに時代を先取りする工学的技術開発の手法とそれを支える基礎学理を学ぶとともに、発想を具現化するための複眼的な論理思考法を訓練する。それによ り、地域社会から国際社会において幅広く柔軟に活躍できる能力を身に付け、開拓者精神が旺盛で心身共に健全な技術者(研究者や教育者も含みます)」の育成 を目指します。

3. 工学部の基本方針

工学部は、学生の視点に立った誠意ある教育を目指します。

  • 学生の資質に合致した教育
  • 自主・自律・自発的に能力を開発する教育
  • 自らの論理と信念で行動できる能力を涵養する教育
  • 総合的視野を涵養する教育
  • 社会のニーズを満たし、そこにシーズを与える創造的実践能力を涵養する教育

4. 工学部の入学者として迎え入れたい人物像

入学後皆さんに「工学部の教育目的」を達成して頂くために、下記の資質を持った人物を選抜します。

  • 進取の気質に富み、使命感を持って物事に取り組む志と覇気のある人
  • 理系科目が好きで、工学とその周辺分野に旺盛な知的好奇心を持つ人
  • 広く物事を捉えることができ、人間や社会を思いやる豊かな心情のある人

5. 工学部の入学者選抜制度

工学部では、「入学者として迎え入れたい人物」を選抜するために、多様な選抜方法を採用しています。それには、「一般試験」方式、「アドミッション・オフィス(AO)試験」方式、「推薦試験」方式と「特別選抜試験」方式の4種があります。

「一般選抜試験」方式

個別の筆記試験による「特別奨学生試験」、「前期試験」、「後期試験」および「大学入試センター試験利用試験」により、基礎知識、計算能力、応用力、論理的思考力、などを総合的に評価し、「工学部の入学者として迎え入れたい人物像」を全般的に満たす者を選抜します。

「アドミッション・オフィス(AO)試験」方式

筆記試験だけでは十分に判定できない秘めた能力や多様な能力を、今まで修得した学業および学業以外の実績ならびに書類審査、講義および/または実験・演習 試験と面接試験を基に総合的に評価し、自己の学修目標の達成に向けて意欲的に取り組む姿勢があると判断した者を選抜します。

「推薦試験」方式

高等学校長の推薦ならびに書類審査、小論文試験と面接試験により、希望学科に対して明確な目的意識があり、学業成績、学業以外の実績および人物ともに優れ、意欲的に勉学する志が高いと判断した者を選抜します。

「特別選抜試験」方式

海外帰国子女、外国人留学生と社会人を対象にします。書類審査、小テスト、小論文の作成および面接によって総合評価を行い、希望学科に対する目的意識がはっきりしており、かつ視野が広く柔軟な思考力を有する者を選抜します。

ページの先頭へ