• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

講義・実習内容とメッセージ

教員名 職位 講義・実習内容について
浅井 正樹別サイトにリンクします 教授  
古池 保雄別サイトにリンクします 教授  
安林 幹翁別サイトにリンクします 教授  
真辺 忠夫別サイトにリンクします 特任教授

講義・実習内容

腹痛を起こす疾患、症状、診断、治療法。 がんの発生機序、早期発見、内視鏡治療、腹腔鏡治療、開腹手術、がんの予防。 救急医療の実際・問題点。 放射線画像診断学。 医療事故、医療安全学。

メッセージ

現在は、患者さんのQOL(quality of life生活の質)をいかに向上させたらいいのかなど患者さんの立場に立った医療が求められています。そのためには、病気の成り立ち、治療の目的、治療法の現況を理解するとともに、先端医療、救急医療、医療事故など医療の問題点をしっかりと見つめ、安全で安心な医療に向けた方策を探す努力が必要です。

脇田 紘一別サイトにリンクします 教授  
当間 健夫別サイトにリンクします 准教授  
松井藤五郎別サイトにリンクします 講師  

ページの先頭へ