• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

学科主任メッセージ

豊かな暮らしと文化を創る技術者を目指して

磯部友彦教授

都市建設工学科主任
磯部友彦 教授

人類は、この地球上に登場して以来、豊かな暮らしと文化を求めて様々な工夫を重ね発展してきました。

我々がこれから生きる21世紀においても、こうした発展を持続し、さらにより良きものを目指していくことに変わりはありません。豊かな暮らしと文化は、安全・安心な暮らしの空間と、その内と外に在る自然的、人工的な環境が保全、整備され、それに供給される適切な量と質の水、エネルギーおよび各種物質が健全な状態で循環することによって成り立つものです。

都市建設工学が目指す方向は、まさにこうした暮らしと文化を創造し、守り育てる技術の継承と発展です。すなわち、人類の英知の結晶である過去の土木遺産を受け継ぎ発展させることによって、21世紀を生きる地球市民に夢と希望を与え、それを現実化してゆく技術を磨きます。

21世紀を生きる皆さん、都市建設工学科で多くの仲間と共に学び、未来を切り開く技術者を目指しませんか。

ページの先頭へ