• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

経営総合学科の学生が「33FGビジネスプランコンテスト」で2年連続で最優秀賞を受賞

【2022年4月28日】

事業の独創性や飛躍の可能性を評価するコンテストの学生コースで頂点に輝きました

経営総合学科の学生が、三十三フィナンシャルグループの株式会社三十三銀行、株式会社三十三総研主催の「33FGビジネスプランコンテスト」に参加し、学生コースの最優秀賞を受賞しました。受賞したのは、経営総合学科3年(受賞時)で清水真ゼミの佐々木大樹さん、曽我優太さん、若月元哉さん。「食品ロスを楽しく減らす『SAKURAKU 』」と題して発表しました。

このコンテストは、新規性・独創性に富み、今後大きな飛躍が見込まれるビジネスプランを掘り起こすもので愛知県、三重県を対象に募集が行われ、一般コースと学生コースがあります。学生コースで経営総合学科の学生が見事、最優秀賞に輝き、3月17日に四日市商工会議所で表彰されました。

本コンテストで昨年度も経営総合学科の別のチームが最優秀賞に輝いており、2年連続の受賞となります。

表彰式の会場で

写真左から佐々木さん、曽我さん、若月さん

ページの先頭へ