• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

専攻紹介

食品栄養科学専攻主任からのメッセージ

 

食品栄養科学科食品栄養科学専攻
専攻主任 和田 俊夫

安心できる食生活を営むことは生活の基本です。しかし「安全で美味しく、栄養価値の高い食品」を安定して提供していくことは決して容易なことではありません。

食品栄養科学専攻ではこれらの使命に資する「食と栄養のバイオサイエンスの専門家」を養成することを目的としています。最新のバイオサイエンスの正しい知識を学び、食品の加工製造、健康に関わる機能や栄養、それらに伴う様々な生命現象を理解します。その中味としては有機化学や食品機能学、分子生物学などのバイオの基盤となる科目群をまず徹底的に学びます。その上で食品化学や食品製造学、栄養化学などの食品の特性や機能、加工理論に基づいた品質や成分の変化、体内摂取後の生命現象などを学ぶ科目群に学習を進めます。同時にそれらを構成する成分の精密な分析方法や品質管理、安全性などに関する専門科目群にも取り組みます。また広く食品産業で活躍するべく必要なスキル(技能)を習得するために分析化学実験、食品栄養・機能学実験、微生物学実験、生物化学実験や食品化学基礎実験、食品製造加工実習など豊富な実験・実習科目を少人数教育により履修します。こうして本専攻コースを履修した暁には広範囲にわたる「食品業界」に役立ち、その将来を担う人材として巣立っていきます。

なお、中部大学は、「食の6次産業化プロデューサー」(愛称:「食Pro.」)の「育成プログラムの教育機関として認証を受けました。2016年4月より、食品栄養科学専攻では、「食Pro.」の資格を取得できる「育成プログラム」をスタートさせています。これは「食の6次産業化」を担う人材の認定、育成、キャリア・アップを支援する検定制度で、内閣府の支援で始まったキャリア段位制度です。これにより将来、農林漁業・食品関連の仕事に就くためのスキル・アップ、就職でのチャンス拡大、などが期待されます。

食品栄養科学専攻イメージ

ページの先頭へ