• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

どんなことを学ぶの?

応用生物化学科

バイオの中核となる科目を、基礎から徹底的に学ぶ

21世紀はまさにバイオの世紀です。生物の機能は深く、広く理解されつつあり、さらに急速に発展しつつあります。21世紀を迎えた今、この領域はバイオサイエンスと称されるまでになっています。応用生物化学科は現代のバイオサイエンス、すなわち生物科学の基盤に深く切り込み、さらにバイオテクノロジーをいかに人の役に立て、社会に還元していくかを考えます。

本学科では、まず学部共通の基盤科目である有機化学、分析化学、生物化学、分子生物学、細胞生物学、微生物学、微生物遺伝学、理論生物学、など、まさに現代のバイオサイエンスの中核となる科目群を徹底して学修します。生物科学に興味がある方にとっては、非常に手応えのある科目群です。それに引き続いて教育される応用分野には、微生物の機能利用をはかる応用微生物学、動物や植物の機能の応用をはかる動物細胞工学、植物細胞工学など、さらに自然界に私たちの生活に有用な物質を探索し、それを精製・単離して構造を決定し、利用の道を切り開いていく生物有機化学、天然物化学など、DNAチップによる細胞の遺伝子発現情報を解析するバイオインフォマティクス、遺伝子組換え技術を徹底的に学ぶ遺伝子工学、タンパク質工学など、ヒトの免疫機能を学ぶ生体防御学、などの科目群が配置されています。

現代バイオの基盤をしっかりと学ぶ

微生物が持つ機能は、古くから醸造や発酵食品に利用されてきました。20世紀の中頃に抗生物質が実用化されてからは、各種の医薬品を開発・生産する上でも、微生物の機能は欠かせない存在です。また最近では「生分解性プラスチック」が実用化されるなど、現代バイオの主要技術である「生物機能の利用」はますます存在感を高めています。応用生物化学科では、生命とその機能に深く切り込み、現代バイオの基盤技術をしっかりと学びます。

理解を深め、スキルを磨くための実験教育

理論だけでなく、スキル(技能)を修得するための実験科目が充実しています。実際にバイオ産業で活躍するためには、実験の手法を知り、最新の機器を使いこなす能力が必要です。1年次には基礎科学に関する実験を、2から3年次には有機化学・生物化学・分子生物学・微生物遺伝学など、現代バイオの基盤となる実験を配置し、4年次の卒業研究へとつなげます。

ページの先頭へ