• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

創成教育

創成科目の学習・教育目標

与えられたテーマについて自ら課題を設定して調査し、それらの経済性・安全性・信頼性・社会および環境への影響を考慮しながら、創意工夫し、議論を繰り返してチームワークで実験やセミナーを行い、結果をまとめて発表する能力を身に付けます。

これらを通して問題点を見出し、解析力、設計・計画力、問題解決に利用できる応用能力、デザイン能力、マネージメント能力および協調性を身に付けます。

創成科目の位置付け

  • 1年: 導入科目
  • 2年: 調査型課題探求
  • 3年: 創成型実験
  • 4年: 卒業研究
1年 春学期 スタートアップセミナー 基礎化学実験(基礎・無機・有機)  
秋学期 基礎分析化学実験 無機分析化学実験 有機分析化学実験
2年 春学期 無機化学実験A 有機化学実験A 物理化学実験A
秋学期 無機化学実験B 有機化学実験B 物理化学実験B
3年 春学期 化学工学実験 有機合成化学実験 材料化学実験
秋学期 応用化学創成実験 創成実習 応用化学セミナー
4年 春学期 卒業研究    
秋学期 卒業研究    

上記は2013年度入学生のカリキュラムです。2012年度までの入学生のカリキュラムは一部異なります。

 

3年次秋学期開講の創成実習で産学連携型創成教育を実施

中部大学応用化学科では、1年次に「スタートアップセミナー」を開講して導入教育を行い、動機付け、調査、討議、プレゼンテーションの基礎技術を身に付けます。

2から3年次の12専門実験において、調査探求型および創成型実験を行い、実験基礎知識・基礎技術の修得とともに調査探求能力、討論能力、プレゼンテーション能力などを身につけ、卒業研究で集大成するシステムを構築しています。

3年次の秋学期には、近隣の企業の協力を得て、産学連携型創成教育を展開しています。

 

プラスチック複合材料の強度試験
(東洋樹脂株式会社)

プラスチック複合材料の強度試験の様子1

プラスチック複合材料の強度試験の様子2

廃材利用セラミックスの評価試験
(株式会社エージック)

廃材利用セラミックスの評価試験の様子1

廃材利用セラミックスの評価試験の様子2

ページの先頭へ