• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

応用化学科教員が四日市工業高校で出前講義を行いました

【2014年11月7日】

応用化学科では、今年度、三重県立四日市工業高校・物質工学科と高大連携授業を実施しています。その一環で、11月7日(金曜日)に、山田准教授が「身近な薄膜材料―薄型テレビやブルーレイ、太陽電池をはじめとして―」という題目で模擬講義を行いました。

四日市工業高校との高大連携では、春と秋に3回模擬講義を実施しており、今回が今年度4回目になります。

宮内講師による3回目の模擬講義(10月24日)
櫻井教授による2回目の模擬講義(6月25日)
幅上教授による1回目の模擬講義(6月16日)

なお、応用化学科教員による模擬講義については、以下もご覧ください。

ページの先頭へ