• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

無機機能化学研究室

研究キーワード

ポリ酸(金属酸化物クラスター)/ナノサイズクラスター/光誘起自己集合化反応

学べることは?

ポリ酸の合成や構造化学、その機能向上

ポリ酸とは数個から数百個のモリブデンやタングステン、バナジウム等の金属原子が酸素原子と規則正しく配列して構成される分子状金属酸化物クラスターです。反応系のpHや共存イオンなどをコントロールすることで様々なサイズや骨格構造を持つポリ酸が形成され、それぞれの特性に基づいて触媒や発光材料、医薬など広い分野で応用されています。本研究室では光化学反応を用いたポリ酸の合成や構造化学、その物性評価を行っています。

石川 英里 准教授

教授 石川英里
研究室:14号館6階
専門分野:無機合成化学/溶液化学
趣味:読書

研究室からのメッセージ

ポリ酸は多種多様な構造を持つ金属酸化物クラスターです。ポリ酸が持つ酸化触媒能や高い固体電気伝導性などといった機能向上を目指して、各自が責任をもって研究に取り組んでいます。

研究例

研究例の紹介図

ページの先頭へ