中部大学ボランティア・NPOセンター

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

社会教育プロジェクト


社会教育プロジェクトの紹介

 

プロジェクトの目的

 近年、「少子化に伴い兄弟がいない・異年齢間の交流が減りコミュニケーションをとることが苦手・自分自身で判断し立ち向かうことが苦手といった子どもの増加する傾向にある。また、習い事で忙しい・一人遊びをせざるを得ない家庭環境・ビル化に伴う遊び場の減少により、基礎体力の低下が懸念されている。

 社会の中で人と交わり、ともに生活していくために必要な能力の一つにソーシャルスキルがある。そこで社会教育プロジェクトでは、このソーシャルスキルの習得するための場作りを目的としている。

社会教育プロジェクトの略歴

2007年 『生涯教育プロジェクト』始動                                                                    「学びの森」開催
2008年 「出張ワークショップ」開催                                                                     「春日井まつり子ども企画委員会」参加
2009年 『社会教育プロジェクト』に改称                                                                  「児童センターまつり」参加
2011年 「子ども自然体験キャンプ」開始                                                         2015年 「坂下小学校 親子で実験教室」開始                                                              「学童ボランティア」開始

 

活動の種類

 各活動を通して、子ども同士の交流や大学生などの異年齢間の交流、地域交流の場となるように、活動を展開していく。そして、ソーシャルスキル取得の手助けになるように活動を行っていく。

 【子ども向けの体験活動】
  ・子ども自然体験キャンプ
  ・学びの森


 【地域社会と連携した地域教育】
  ・春日井まつり子ども企画委員会
  ・児童センターまつり
  ・児童センターお楽しみ会

ページの先頭へ