中部大学ボランティア・NPOセンター

  • ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

2018年度の活動実績

国際理解プロジェクトの活動実績

ワクチン支援活動 ペットボトルキャップ回収 7月14日,12月8日

この活動はペットボトルキャップをワクチンに変える仕組みを利用してJCVを通してワクチン支援を行うために年2回(今年度は7月14日と12月8日)行いました。本学周辺の小中学校や団体に協力いただき、今年度は32kg(約138,800個)のペットボトルキャップを回収することができ、これは約166人分のワクチンを支援したことに相当します。ご協力いただいた皆様ありがとうございました。

また、この活動を通して、ご協力してくださる方々に世界のワクチン不足の現状やワクチン支援の仕組み、利点等を理解していただくとともに、学生スタッフのワクチン支援活動への関心を深める事が出来ました。今後もより多くの協力を得られるように当センター全体での国際支援の意識を高め、ワクチン支援における問題点の改善に努めていきたいです。

フェアトレードカフェ 11月2日~4日

11月2日から4日にかけての大学祭にてフェアトレードカフェを行いました。この活動は、「正当な貿易」を目的としたフェアトレード商品であるコーヒーやココア、紅茶などのドリンクや輸入されたお菓子を販売しその利益をNGO団体「World Vision」へ委託することで国際支援を行うとともに来場者にフェアトレードの仕組みを広めるため行いました。

3日間で688組の方々にご来場いただきました。誠にありがとうございました。また、来場者にフェアトレードについて関心を持っていただくとともに学生スタッフもフェアトレードへの理解を深める事が出来ました。

リトルワールド研修 6月2日

2018年6月2日にリトルワールド研修を行いました。

犬山市にあるリトルワールドへ訪れ、日本と違った生活を自ら体験することで異文化理解を深めることができました。この活動を通して国際理解力の向上につなげ、国際的な視野を広げることができました。

ページの先頭へ